時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
20世紀を象徴する酒 甲類焼酎
「20世紀の酒文化」研究の一環として進めている酒類メーカーへのインタビュー、六回目となる今回は宝酒造株式会社。同社は甲類焼酎のパイオニアとして今世紀の日本の酒類業界をリードしてきた。日本独自の酒である甲類焼酎はどのような価値を作り出したかを、同社の歩んできた道をたどりながら考えていく。語り手は同社、専務取締役酒類事業部門本部長 後藤功氏である。

−20世紀の日本で、甲類焼酎ほど飲み手や飲まれ方が大きく振れた酒はないと思います。時代とともにさまざまな顔を見せ、人々から支持されてきました。甲類焼酎の柔軟性や自由度の高さゆえだと考えます。
後藤  甲類焼酎は21世紀にベースとなる酒だと思っています。世界にいろいろな蒸留酒がありますが、ピュアで、健康的で、誰にでも飲みやすく、気軽に飲めるのは焼酎だけです。チューハイが出てから若い女性に支持されていますが、こういう流れは21世紀でも変わらないと思っているわけです。
2〜3年前に長期的に見て成長していく酒は何かをシミュレーションしました。さまざまな角度から検討した結果、21世紀に拡大するのは焼酎とワインということになりました。ワインは去年少し減りましたが、長期的な成長トレンドは変わっていません。焼酎は増税があったにもかかわらず着実に伸びています。間違いなく21世紀のベースになる酒だと思います。今日は20世紀を語るということですが、僕は未来を語りたいなあ(笑)。

「米」からの脱却を目指した世紀
−未来は後ほど語っていただくとして(笑)、御社では20世紀の日本の酒についてどのような見方をされていますか?
後藤  20世紀のお酒のキイポイントは4つくらいあると思います。
ひとつは主役となる酒は戦前までは日本酒で、戦後はビールであることです。焼酎もありましたが、それらと比べるとわずかです。ふたつめは20世紀は米を原料にしないお酒の開発の100年ではないかということです。米を原料にしない酒の代表が焼酎、あるいはワイン、ビールですね。三つめは高純度のアルコールを得ることができるようになったこと。酒の味わいや製法の幅が格段に広がりました。連続式蒸留機の登場がエポックメイキングです。
それから、戦後高度経済成長期以降のことで、お酒の日常化、民主化、多様化が急激に進行したということです。飲み方も、泥酔から楽しんで飲むということになった。この四つが鍵だと思います。
−四つのキイポイントのうち、主役は戦前は日本酒、戦後はビールというお話以外は、すべて甲類焼酎が大きな役割を果たしていそうですが、甲類焼酎が登場する時代背景はどのようなものだったのでしょうか?
後藤  明治より前は日本では清酒、どぶろくと粕取り焼酎くらいしかありませんでした。ほとんど米を原料にしたお酒ばかりです。南九州では芋焼酎などがありましたが、限られた地域のものでした。
明治に入りますと殖産興業政策の一環で、日本でビールやワインなどの洋酒を造ろうという萌しがあった。ですが新しい酒が市場を作り出すのはそう簡単なことではありません。ビールはそこそこ育ちますが、ワインやウイスキーでは市場を作り出せたのは模造洋酒でした。これはアルコールに香料や着色料を組み合わせて調合した酒です。
それで1887年以降、アルコールは増量用とか調和用とか模造洋酒の原料として盛んに使われるようになります。そのアルコールはほとんど輸入品でしたから、1899年に輸入関税率がものすごく上げられたことなどで国産アルコールへと転換が図られます。日清戦争が1894年ですが、その後に高純度アルコールを製造するイルゲス式の連続式蒸留機が輸入されまして、日本に技術移転されました。ここからアルコールの国内生産が本格化していきます。

<<前頁へ      次頁へ>>