時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
20世紀を象徴する酒 甲類焼酎
外来技術による新しい和酒
後藤  そんな時代背景があって、1910年に連続式蒸留機から出てくる純度の高いアルコール、これを任意のアルコール度数に和水したものを焼酎とすることが認められます。従来の焼酎に対して新式焼酎と言われまして、米を原料としない酒ということで多くの人々の支持を得ます。
宇和島にあった日本酒精という会社が発売した「日の本焼酎」が新式焼酎の第1号になると思います。1912年に当社の前身の四方合名という会社が、関東圏でこの酒を、「宝焼酎」という名前での販売権を得ます。その後、1916年に日本酒精の工場長であった大宮庫吉氏が四方合名に入社しまして、現在の宝酒造の地位を確立しました。
−新式焼酎は当時、人々にどのように受けとめられたのでしょうか。
後藤  旧来の焼酎と比較しまして、連続式蒸留機で造られていますから、クセのない軽快な味わいだったことは間違いないでしょう。
さらに経済的な価格でした。大正末期から昭和にかけての酒の価格は、日本酒は地酒の上等酒で一升2円20銭、中等酒で1円60銭、下等酒で98銭です。灘・伏見の酒は上等酒よりももっと高い。「宝焼酎」は一升換算で70銭。アルコール度数30度です。清酒に比べるとかなり安いですが、天丼が15銭の時代ですから、酒自体が比較的高かった。
特に、関東圏を中心とした都市生活者に支持されました。旧来の焼酎は非常にクセがあったと思うんですよ、それに馴染めない人々や、あるいは灘や伏見のような酒どころではない地域で好意的に受け入れられた。
−そこで、考えておきたいと思うのは、なぜ、この新しい酒が「焼酎」と自己規定をしたのかということなんです。新式焼酎は海外からの技術移転で生まれた酒ですから、洋酒として世に出すこともできたと思います。模造洋酒が人気で、欧米へのあこがれも強かった時代に、なぜ焼酎という道を選んだのか。そのへんはどうお考えですか?
後藤  難しい質問ですねえ。今まで誰も答えていないんじゃないでしょうか。まったくの推測で、こじつけになるかもしれませんが、三つくらい理由があげられると思います。ひとつは新技術を使ったハードとしての酒という点で、連続式蒸留機で得られるアルコールをいちばん効果的に使えるのがこのタイプの酒だった、ということ。
ふたつめは、洋酒が普及し始めていたとはいっても、ウイスキーやワインはまだまだ馴染みは薄かったはずですから、比較的人々の身に馴染んだ焼酎としたほうがスムーズに受け入れられたのではないかということ。
三つめは連続式蒸留機を使った新しいお酒ということで、それだけでも十分に進取の気風に満ち溢れていたということです。
−明治初期の、何でも欧米舶来万歳の時代から少し変わってきて、もっと日本の国力を上げていこうという時期に、ちょうど当たっていたということもあるかもしれませんね。
後藤  そうですね。殖産興業といいますか、そういうことで焼酎というのがヒットしたというのもあると思いますね。

焼酎の最初の黄金期
−そういうかたちで世に出た新式焼酎は、どんな飲まれ方をしていたのでしょうか。
後藤  先ほど少し触れましたが、最初の頃は、焼酎もウイスキーも清酒も酔いが求められたのは一緒だったと思うのです。少なくとも高度経済成長期が終わった後の1970年代後半くらいまでは、みんな酒に酔いを求めていました。
ただ、飲み手とか場所は時代によって少し違う。昭和の初めまでは一家の家長、男性が家庭で飲むのが中心で、居酒屋などソトでというのは少なかったと思います。家庭ですから、案外、冠婚葬祭とかにぎやかなところでも焼酎が飲まれていたのではないかと思います。こういうのは文献を見ても出ていませんから、まったくの推測ですけれど。
もうひとつ申し上げたいのは、新式焼酎は戦後の一時期非常にイメージを悪くしました。バクダンとかカストリと言われた粗悪な酒が横行した時代があって、焼酎が混同視された。これらは焼酎とまったく違うものです。別のものなのですが、そういう誤解があって焼酎にはたいへんつらい時期があった。
−焼酎の消費量が1959年に戦後の最初のピークを迎えますが、当時はどんな様子だったのでしょうか?
後藤  戦後、原料統制があって酒は自由に造れなかったのですが、いち早く統制が撤廃されたのが焼酎です。昭和30年(1955年)前半にピークになりますが、その当時は酒類業界でもトップクラスの経常利益でした。
先輩から聞いておりますのは、焼酎は商品が割当で、お客さんが「何とか回してください」と手土産さげて来てくれた、そういう時代があったんですね。酔いを求めて焼酎がよりもてはやされる。そして焼酎の消費が急増していったというわけです。

ほろ酔いを楽しむ人々が焼酎を支持
後藤  変わったのは高度経済成長期に入ってからですね。GNP(国民総生産)が欧米に接近してきて、生活も安定してきた。当時も欧米文化への憧れというのがありまして、ビールとウイスキーの消費がドンと増える。
一方で焼酎は停滞しました。私は昭和43年(1968年)から営業をやっていましたが、焼酎が停滞している苦しい時です。そのとき酒販店でいい場所に並ぶのはビール・清酒・ウイスキーでした。焼酎は棚のいちばん下の暗いところに置いてあった。でもね、まだビールや清酒、ウイスキーも味わって楽しく飲むというレベルまではいかなかったと思います。よく覚えていますが、サラリーマンがいい気分で大声あげながら街を闊歩して、時々酔っ払いがその辺に寝転がっているという時代。飲み手は圧倒的に男性でしたね。
そういう旧世代に対して、昭和52〜3年(1977〜8年)に新しい飲み手が出てきた気がするんです。泥酔ではなくほろ酔いを求める層が出始めた。酔いではなくて酒を楽しみだした。いわゆる団塊の世代が酒を飲み始めたんですね。
当時、アメリカでウオッカが爆発的に広がっていました。アメリカの国民酒と言われたバーボンの消費量を上回り、ホワイトレボリューションと言われました。酒本来の香味に束縛されずに、より純度の高い酒を自由に飲む。日本の酒ではそれは焼酎しかできない。だから団塊の世代が、自由度が高く、いろんなもので割って楽しく飲める焼酎を支持した。それを鮮明にしたのは当社が発売した「純」だったと思います。

<<前頁へ      次頁へ>>