時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
ビールこそが「20世紀の日本の酒」
「20世紀の酒文化」研究の一環として行ってきた、各酒類を代表するメーカーへのインタビューも今号で第四弾を迎えた。今回は、日本でもっとも古い歴史を持つビールメーカー、キリンビール株式会社。語り手に橋本直樹氏(元同社常務取締役)を迎え、ビールは今世紀の日本にどのような価値をもたらしたのかを探っていこう。

−ビールは、江戸末期に初めて日本に入ってきた酒です。時代的にはワインよりもずっと後に入ってきたわけですが、普及したのは異文化の酒としてはいちばん早かったと言えると思います。特に、今世紀に爆発的に飲まれるようになりました。
まず、ビールというのは、日本の20世紀にとってどんな存在だったのか、というところからお話いただけますか?
橋本 多少、我田引水にもなるんだけれども、ビールこそ「20世紀の日本の酒」だと言ってよいでしょう。どういう意味かと言えば、20世紀の最初、1901年に日本のビール造りが本格的に工業化した証しとして、ビール税が課せられている。そして日本に根付いて、大正から昭和にかけて市民権を獲得し、昭和30年代から50年代にかけて大躍進して、日本の民族の酒である日本酒を追い抜いて、全酒類の73%を占める市民の酒になったからです。今や725万リットルを生産する、世界で第五位のビールカントリーになったわけです。
大げさに言えば戦後日本の「ビールのある明るい暮らし」、中産階級が高度成長期に持っていた明るい家庭、明るい暮らしを演出したのはビールだと言ってもよい。
−明治、大正では酒というと日本酒をイメージしたでしょうね。
橋本 その時代は、日本酒と社会はリンクしていましたが、戦後はビールに変わりました。

日本ビール事始め
橋本 日本のビール産業史、技術史、普及史は四段階に分かれます。幕末、ぺリーが来航したのが1853年ですが、その時に初めてビールがもたらされた。それから国内生産が始まって大正3年の第一次大戦勃発までが第一ステージです。それは文明開化の波に乗って外来のビールが日本で芽を吹き、根付いた時期です。
最初は輸入ビールが主ですが、だれが飲んでたかというと当時の貿易商や政府の大臣などほんの一握りの人。ビールは非常に高くて、記録によると一本20銭もした。職人の日当が50銭くらいだから、庶民が飲めるものではなかった。その後だんだん広まって、明治のスノッブ、先生や高級官僚や軍人が珍しがって飲むようになってきた。
日本でも造ってみましょうというので、初めてビール工場を造ったのがコープランドです。彼が明治2年に横浜にスプリング・バレー・ブルワリー(キリンビールの前身)を開設した。その後、地方の造り酒屋などが今でいう「地ビール」を100〜200リットルくらい造るようになり、明治20年あたりまでに60社ほどできてきた。
明治30年頃になってくると、ビール会社のなかでもだんだん技術の差が出てきます。開発されたばかりのピルセンビールの技術を勉強しに行ったり、外人技師を雇って技術指導を受け、冷凍機も備えて、ラガービールを造るように切り替えた2、3の会社が勝ち残って、キリン、サッポロ、アサヒなどの前身になりました。

国産化されたビールが市民権を獲得
橋本 第二ステージは大正3年の第一次大戦開戦から、第二次大戦に負けて戦後の業界再編成が済んだ昭和27年頃までです。この時代をどう位置づけるかというと、日本がビール造りの国産化に成功した時期であり、ビールが酒として日本で市民権を獲得した時期でもある。
明治時代はビールは造っていたけれど、設備は全部ドイツから輸入していた。原料の麦芽もホップも全部向こうから輸入していた。これを技術指導してたのはお雇い外国人。ところが第一次大戦が始まったために、輸入が止まり、指導者も帰国してしまう。それで国産の原料を調達して、日本人のエンジニアの手で造らないといけなくなり、日本で売れるビールの味を模索して、ようやく第二次大戦前、昭和14、5年頃までに国産化に成功しました。
飲むほうから言うと、第一次大戦が起こったせいで空前の好景気になって、日本に月給取り・サラリーマンという階層ができた。景気もいいものだから、銀座のカフェでビールを飲んで家に帰る。家庭でビールを晩酌し始めるのもこの時期です。
そのピークが昭和14年。この年31万リットルというビールが生産された。当時清酒は70万リットルくらいだったので、全部の酒の25%弱くらいになったわけです。
ところが第二次大戦で一切が振りだしへ戻る。会社も企業統合する。原料は統制され、造る量も割り当て制になる。流通は特約店もあったけれど一切ご破算になって、酒類配給公団一本になってしまう。
一切振りだしに戻るんだけれど、よかったのは―解釈にもよるけれど―軍隊に行くとビールが飲めた。ビールは配給制になり、一カ月に酒を何合かとビールを二本ずつ、飲める家も飲めない家にも配給された。ビールの普及ということでは戦争は思わぬ効用があった。これが戦後高度成長が始まった時にビールが伸び出す布石です。
戦争に負けて壊滅状態になってたビール産業だったけれど、昭和27年には原料大麦の統制令が解除されて自由競争になる。ビール会社は戦災で焼けた工場を建て直し、特約店を組織し直す。昭和31年から日本の高度成長が始まる直前です。

<<前頁へ      次頁へ>>