時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
美の川 新潟
酒所越後での顧客満足を追求した挑戦
二〇世紀の酒文化」酒類流通シリーズの五回目は、前川芳三・フミ子夫妻。
京都で明治期に創業、大正から第二次大戦中にかけては酒卸も手がけた老舗、前川田酒店(現リカーブティックマエカワダ)の三代目として活躍された同夫妻に、酒類販売の歴史を語っていただいた。


前川  父が酒の卸をやりましてね、ちょうど大正のかかりに。「銀満寿 ぎ ん ま す
」の商号で、いまの小売りはんへ行ってた。家庭へもどっと行っていた。卸兼小売りやね。それがちょうど、終戦か、もうちょっと前にあかんようになってしもて、仰山あったラベルはもうほかしましたけれど。
夫人  酒の品評会で、お父さんがその「銀満寿」で銀賞をとらはりましてん。お父さんは、前川田三郎といいます。それで、商号を「前川田」てしはったんです。
前川  父はお酒をようきいたんです。ようきいて、ほんで監査役で大阪の国税庁へ行っとった。何回も行きました。ホンマに気違いみたいに酒をNく。猪口があったらNいている。私もちっちゃいときに、「芳三、お前Nけや」と言われたことがある。わしはようNけしません(笑)

明治期、酒好きが高じて創業
−その先代がご創業なさったんですか?
夫人  いえいえ、初代はそのお母さん。
前川  御宮公園のとこで、角っこに家があった。その隣りで、自分が好きやから酒売ろと。それが初代です。明治三年四月てゆうてました。それから、父が二代目を継ぐわけや。ほんで、この人一生懸命やらはった。結局酒屋も大きなったけど、最後はあまり酒Nき過ぎて病院ばっかり行ってました。
−どこを悪くされたんですか?
前川  結局、喉やね。
夫人 最後は、喉頭がんで。
−おいくつで亡くなられたんですか?
前川  六三です。いまの私と二〇年違いますねん。私八三やもの。そんな早うに死んでますねん。
−先代は、ずっとここ二条でご商売をしてらしたんですか?
前川  前は、冷泉通のとこで酒屋しましたんや。ところが、昔は酒を馬車に積んで来よる。ほんで、こんな狭いとこでは商売でけへんいうて、ここの家を買うたんや。大正一二年、関東大震災の年。ほて、私が小学校の一年生くらいやったけどね。
−酒の仕入れは伏見からだと思いますが、馬車で持ってくるんですか?
夫人  あの時分、樽は長台(ながだい)やねえ。
前川  もうタンク式の自動車があったけど、それがないときは長台で……。
夫人  木で作った長台って知らはらしませんかなあ。木の車輪があって、長ーい棒で、そこに樽積んで。人が引いて、後ろからまた押して。ほんで重たかったら、また一人が縄かけて。
前川  長台で、運び屋が運んで来る。ほんで、こう背中へ前垂れをパッとして、その上へ樽担いで、家のなか入ってきて、ほんで大きい桶へ二〇個ほどの中身を入れるんです。そんなことしてました。その酒は伏見だけではないんです。仰山買いました。滋賀県のも買いました。堅田や甲賀のほう。父は向こうの酒は柄悪い。柄悪いけれども、伸びがきくいうてました。
−ああ、なるほどね

酒のブレンドに命を賭けた二代目
前川  ほんで、向こうの酒を買うてきて、父が合わせて売るんです。
夫人  上手に合わさんと、口当たりの悪いお酒になるさかいに、いろいろなお酒を混ぜて、こっちはこんだけ、こっちはこんだけ。で合わせたらこれが最高やなちゅうとこで、瓶詰めにして出してはったわけです。
−灘からも来てましたか?
前川  灘はあんまり引いてへん。滋賀県は甲賀のほう、あそこまで行きました。そこへわしが行った。父が兄貴に「行け」て言いよったけど、兄貴が行きよらへん。ほで「芳三お前行け」て。わしが、現金ね。あの時分で、一〇〇円札を一〇枚持って一〇〇〇円。それを胴巻へ入れて行った。もう、ご馳走してくれて、お酒積んでここまで帰ってきました。酒販店のお酒の調合は、いまはできへんの?
−いまはだめですね。
前川  あかんの。お父はんなんか調合ばかりしてた。
夫人  こっちの酒にちょっとええのを入れて、 いろいろ合わせて、ブレンドしてええお酒がでけたけどねえ、昔は。それしよう思たらよっぽどよくNく者やないとできん。道具もいるしな。
−お父さんはどこで習ったんですかね。
夫人  自分で研究してはったんやろね。ほんまに、お酒にはものすごい熱心な人やった。
前川  ええ。よう、国税庁が来てくれって。
夫人  ききが上手やった。この酒にちょっと甘味を加えたら、というのは勘やろね。その人の持ち前の。ちょっとずつ研究してはったんと違うかね。
前川  一生懸命しますねん。
夫人 匂いと味だけでね。
前川  私らわからへん(笑)

<<前頁へ      次頁へ>>