時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
食の洋風化とワインの和風化
生糸が結んだ勝沼と横浜
−勝沼で造っていたワインの消費地は、横浜のような外国人がいっぱいいたところだったんでしょうか?
小阪田  だったと思います。どうして文明開化の横浜と山梨が出会ったかというと、山梨県は生糸の産地で、その生糸を横浜に運んでいたのでそういうつながりがあった。当時、山梨のワインを詰めていたビンというのは、横浜港で外国人や船員が飲んで海に捨てたのを拾ってきて、それを山梨まで持ってきて詰めていました。
ブドウがあったと同時に、消費地との連携があったということです。
−当時使われていたブドウの品種は、どのようなものだったんでしょう?
小阪田  当初は甲州だったと思います。
話は飛びますが、長野県の塩尻が戦後の甘味ブドウ酒の原料基地でした。塩尻で栽培しやすいということで選ばれたのが、アメリカ系ブドウのナイアガラやコンコードです。実際には明治の終わり頃から栽培されてたかもしれませんが、昭和になってからそこで甘味ブドウ酒の原料が作られた。そのあたりまで下がってくると、アメリカ系のブドウ品種が多かったと思う。
−フィロキセラの影響もあってアメリカ系のブドウを、というわけではないんですか?
小阪田  日本でフィロキセラの被害にあったのは、主に官業試験場でヨーロッパ系品種を栽培していたものです。これらには被害が発生したかもしれませんが、ヨーロッパのようにワイン産地に広がってからやられたわけではなくて、まだ広がる前にやられています。さらにヨーロッパ系品種は湿潤な気候で栽培が困難で、次第にアメリカ系ブドウになったということだと思います。

甘味ブドウ酒からスティルワインへ
−甘味ブドウ酒は、甘さ、飲みやすさと同時に健康にいいということもあって、女性でも飲めるというイメージがあります。
小阪田  甘味ブドウ酒は当時の「大黒葡萄酒」や「ハチブドー酒」、サントリーの前身の「寿屋」などが造っていました。宮崎光太郎はマーケティングに長けてまして、医学博士の証明書をもらって宣伝し、ワインは健康にいいというイメージを消費者に植えつけることに成功しています。
戦後になって、甘味ブドウ酒は昭和30年(1955年)代から40年(1965年)代あたりまでは伸びたと思います。30年(1955年)代の頃は、まだ砂糖が不足していまして、甘いということがおいしいということだった。それから健康という点では、今でも厚生省が出している「日本薬局方」に薬として赤ワインが載っております。
その後、東京オリンピックの時に東京にたくさんのホテルができて、ホテルができればダイニングが作られ、そこで使うワインを考えないといけない。ということで、第一次ワインブームの前の助走期間として東京オリンピックの頃が位置づけられると思います。洋風の食事には、甘味ブドウ酒は甘過ぎて合いませんから。
その次に昭和45年(1970年)に大阪万博がありまして、世界の人が来て、世界の食文化が紹介され、そこでまたワインに目が向いてきた。そのあと高度経済成長期に入り、昭和48年(1973年)頃からをわれわれは第一次ワインブームと呼んでいます。その後ブームは何回かありますが。
−第一次ワインブームの到来を待つまでの50年近いあいだ、甘味ブドウ酒を飲んでいたのはどんな人たちだったのでしょうか?
小阪田  やや年配の人で……、戦前ではかなり限られた人たちで戦後になって少しずつ広がってきた。ワインを少し、疲労回復の薬のように飲んでいたような人だと思います。
スティルワインが広がってきますと、そのあとに出てくるのが海外旅行ブームです。それでまだ限られた人ですが、海外へ行ってワインを飲むということを体験して日本へ帰ってくる。そして、日本でもワインを飲んでみようかと。それでも家族のお祝いごととか、あるいはレストランでの食事とかそういった時くらいで、そんなに日常的ではない。
その頃から、ワインは食事と一緒に楽しむのがあたり前だというかたちになって、女性ファンもどんどん増えてきたと思います。

ワインは「農産物」
−清酒で大量生産にいく時には、連続蒸米機だとか仕込みのタンクの大型化などの技術革新がありますが、ワインの場合はいかがでしょうか?
小阪田  ワインにはそういう事例はなさそうです。農産物ですので、特に日本の中で、何か大きな装置で造りが変わったというケースはないと思う。
−そうすると、果実原料の酒は量産は難しい。規模が大きくなっても小さくても、ある一定のところまでいけばコスト競争力は変わらないということでしょうか。
小阪田  あまり変わらないです。
−ひょっとして、何か革新的なこと何か革新的なことがあるのかなと思ったんですが。
小阪田  ないですね。海外を見てもブドウの収穫シーズンに全部造って、それを一年間かけて売って飲んでいく。次の年がくれば、またその年のを造る。それが長年のやり方です。その中で熟成用のものはブドウを選んで、樽に入れる。それは、世界全体のワインの中ではほんの一部分です。今は日常ガブガブ飲むワインが世界的に少なくなっていますから、だんだん高級ワインのほうにシフトしていますが。

<<前頁へ      次頁へ>>