時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
宮廷の酒・国家の酒・大衆の酒−泡盛の100年
「20世紀の酒文化」研究の一環として、各酒類を代表するメーカーへのインタビューを行う。自らが醸した酒は、今世紀、どのような価値をもたらしたのかを振り返っていただく。
各社のお考えをうかがいながら、20世紀の酒文化への理解を深めていきたい。今回は泡盛メーカーの瑞泉酒造株式会社。語り手は佐久本政敦氏(同社代表取締役会長)である。


明治期の酒造自由化と淘汰
−20世紀の締めくくりのこの時期に、日本の酒の100年を振り返ってみたいと思っています。今日は、長年、泡盛とともに歩んでこられた佐久本会長に、泡盛にとって20世紀はどんな時代であったのかをうかがいたいと思ってまいりました。
佐久本 ずいぶん大きな話ですねえ。何から話したもんでしょうか……。
−佐久本会長が泡盛業界に入ったのはいつ頃ですか?
佐久本 生まれた時からですよ。明治42(1909)年に首里の鳥堀町のサカヤー(酒屋)に生まれまして、明治・大正・昭和・平成という四つの時代を泡盛とともに生きてきました。兵役を終えて沖縄に帰省したのが昭和7年で、兄がやっていた実家の仕事を手伝いました。自分の仕事として泡盛に関わるようになったのはこの年です。翌年に結婚して妻の実家の喜屋武酒造を手伝うようになり、昭和10年に佐久本政敦酒造場と名前を改めて、私が引き継いだんです。
−明治以前は琉球王府が泡盛の製造を厳しく管理していて、首里三箇村の焼酎職40家しか造ることを許されなかったそうですが、会長のところはそのひとつなのですか?
佐久本 いや、私のところは焼酎職の家の三男に生まれた喜屋武幸永氏が明治20(1887)年に創業したんです。明治に自由化されるとサカヤーが琉球のあちこちにたくさんできました。特例で泡盛は酒税がうんと安かったので盛んに本土に輸出されて、県の重要な産業になりました。一番が多かった明治31年には760軒にもなりましたが、明治41年に全国並みの酒税がかけられるとバタバタつぶれて、昭和6年には83軒にまで減ってしまいます。
−すごい減り方ですね。本土向けの輸出が激減して、むちゃくちゃな乱売になりましたからね。
昭和6年に那覇税務所長に吉村丈造氏が赴任して、そういうひどい状況を立て直そうと行政指導を徹底しました。酒造組合も乱売競争からなんとか抜け出そうと、昭和8年に酒造共済会を結成して過剰な製品を買い上げ、出荷調整を始めます。そしてさらに酒屋ごとに製造量を割り当てる自主統制に踏み切りました。この体制があったので戦時統制を免れることができました。自主統制には異論もありましたが、結局これで市場が安定して県外出荷も復調していったんです。

君知るや名酒泡盛
佐久本 ところで、坂口謹一郎先生の「君知るや名酒泡盛」の碑はご覧になりましたか?
−はい。午前中に沖縄県酒造組合にご挨拶にうかがいまして、碑を拝見いたしました。
佐久本 そうですか。あれは、私が沖縄県酒造組合理事長だった昭和61年に、菅間誠之助先生といっしょに坂口先生のところにお願いにあがって、書いていただいたんです。先生が「君知るや名酒泡盛」という論文を雑誌『世界』に発表されたのは昭和45年、沖縄の本土復帰の二年前でした。あの論文に泡盛業界がどれだけ励まされたかしれません。それまでは本土での泡盛の知名度は低く、知っていても労働者が飲む安酒というイメージで、その味も歴史も正当に評価されていませんでした。それを坂口先生が世界に誇る名酒と太鼓判を押してくださったのですから、われわれも泡盛に自信と誇りをもって製造販売に当たらなければならないと思いましたよ。

<<前頁へ      次頁へ>>