時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
自由度の高さと風土性の豊かさ−乙類焼酎の100年
清酒文化圏への進出
−ところで、芋焼酎が瓶詰めに変わるのはいつ頃ですか。瓶詰め商品が主流になる時に流通が変わり、ブランドを確立していく動きが顕著になります。
鮫島 昭和の15〜16年にはすでに瓶詰めになってたそうですが、よくわかりません。昭和35年くらいまで壷でも出していました。
−その頃の販路は県内ですか?
鮫島 ええ。県内ですね。
−県外に出ていくのは?
鮫島 昭和44年くらいです。その前は生産割当がありました。それが44年に撤廃されて、県外に出ていけるようになる。
−ジワジワと北上して行く感じ?。
鮫島 いきなり福岡です。次に大阪。
−最初、どんな評価だったんでしょうか?
鮫島 福岡も大阪も鹿児島出身者が多いですから馴染みがあったことは間違いないでしょう。あとは比較的地位の高い層から広がったと聞いています。大企業の社員で鹿児島に赴任した経験がある方とかですね。
−ああなるほど。でも芋焼酎の個性的な香りに馴染めなかった方もいたでしょうね。
鮫島 そうですね、それでも、今より抵抗が少なかったと聞いてます。昔は比べるものが清酒くらいしかないですから、焼酎はこんなものということだったようです。
最近、芋焼酎がマスコミに取り上げられることが多くなりました。昭和50年代の焼酎ブームの時にもなかったことです。このあいだ来た女性記者は、「取材のために初めて飲んでみて、麦焼酎は飲みやすいなと思った。米焼酎も香りがよくていいなと思った。芋焼酎は目から鱗が落ちる気がした。世の中にこんな酒があったのかとショックを受けた」と言うんです。新しい酒として、媚びないような骨のあるものを感じてるんですね。
−先の焼酎ブームで「いいちこ」が出て、今や乙類焼酎のトップブランドになりました。その後は減圧蒸留の軽いタイプの焼酎が広く受け入れられていきますが、減圧蒸留やイオン交換の技術は芋焼酎ではどんな入り方をしているんでしょうか?
鮫島 芋焼酎ではほとんどありません。われわれには、あの技術で造った酒が受け入れられるとは思えませんでした。こういうのが芋焼酎だという固定観念がありますので……。そこを新鮮な感覚で捉えていったということで、減圧蒸留などの技術は焼酎の枠を広げる起爆剤になったと思います。

地域循環型の酒
−最近は農産物がどんどん海外から入ってきていますが、サツマイモは国産ですか。
鮫島 ええ。当社には専門の仲買いのグループがあって、農家の方々から買いつけて、雨の日も風の日も持ってきていただくという体制をとってます。サツマイモは生のまま外国から持ってこれませんし、蒸して冷凍して持ってくれば一年中造れるというメリットはありますが、やはり地場のものを見て買いつけていくのが基本だろうと思います。
−冷凍した輸入芋では焼酎の質がかなり落ちるんでしょうか?
鮫島 うーん、そう違わないものを造るのは可能だと思うんですが、品質レベルとか全体のコストとか地域性や酒の文化性などを総合的に考える必要がありますね。
芋焼酎は、鹿児島でできたサツマイモを鹿児島の人が造って地元で消費されるという、地域循環型の酒の世界でも特殊な形態で成り立っています。ですから原料を外に依存するということは大きなリスクを伴います。それに、これは将来たいへんな財産になると思っています。フランスのワインではないですが、ちゃんとものが言える体制を整えておかないといけないと思ってます。
−焼酎は海外で外国の蒸留酒と十分に伍していけると思いますが、海外での評価はいかがですか?
鮫島 高い評価をいただいているのですが、量的にはまだまだです。酒税と関税が大きな壁になりまして、楽観はしていません。基本的な問題としては、蒸留酒は醸造酒より酒税が高いというのがグローバルスタンダードとされていることがあります。これはまったく西洋の論理ですが、世界の蒸留酒のメッカはアジアです。しかもアジアの蒸留酒は大衆酒としての文化です。中国でもビールを除くと85%くらい蒸留酒です。韓国もそう。西洋のは大衆に近いところにワインやビールがあって、嗜好品、贅沢品として蒸留酒が位置していた。これを変えないと焼酎が海外で大きな市場を創るのは難しい。

焼酎は蒸留酒ばなれを止めうる
−日本的な蒸留酒の飲酒スタイル、これは世界の蒸留酒にとってすばらしいモデルです。先駆的事例だと思います。世界的に蒸留酒の消費がどんどん落ちているなかで、焼酎は伸びている。なぜ世界で蒸留酒が減少して、日本で焼酎だけが伸びているのか。これは焼酎がアルコール度数が高いがゆえに発生する害を解決したからだと思います。それがお湯割り文化であり、食中酒として蒸留酒を飲む文化。醸造酒より酔い覚めがいいし悪酔いしにくいと言われながら伸びてきました。焼酎が先頭を切って新しい蒸留酒の世界を創らないと、蒸留酒ばなれは止まらない。
鮫島 欧米の禁酒文化が蒸留酒を害悪として扱う傾向は確かにありますね。
−外国の方がわれわれのところに来て必ずふたつのことを言われます。ひとつは「なぜ酒を寝かさないのか?」ということ。できたてでおいしい蒸留酒はあまりないわけです。もうひとつは「せっかく蒸留したのになぜ薄めるの?」というもの。ウイスキーは7〜8%しかアルコールがないものを蒸留を重ねて40数%にするわけです。芋焼酎の醪は14〜5%あります。蒸留しておきながら、飲む時に薄めて醪より低い度数で飲む。これは焼酎では高いアルコール度数の酒を飲むために蒸留するのではないことを意味します。おいしい酒を得るために蒸留するのであって、アルコールを高めるためではない。
鮫島 それから困るのが「どんな食事に合いますか?」という質問。何にでも合うのですから。刺身でも野菜でも脂っこいものでも合う。しかも6:4だったり、7:3だったり、割り方が変わっても味が崩れない。酔いに応じて飲めるという飲酒スタイルをつくっている。外国は水割りにしただけで笑いますが、焼酎は自由自在(笑)。

<<前頁へ      次頁へ>>