時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒論稿集トップへ

過去記事一覧

清酒の量産と品質

近代酒類流通の
  源流をたどる


京都老舗酒販店の
  明治・大正・昭和


東京下町の小売酒屋
 激動の昭和史


酒販免許前夜
 浪速の酒屋


食の洋風化と
  ワインの和風化


20世紀を象徴する酒
 甲類焼酎


ウイスキーの日本化は
  いかに進められたか


ビールこそが
  「20世紀の日本の酒」


自由度の高さと
  風土性の豊かさ
  −乙類焼酎の100年


宮廷の酒・国家の酒・
  大衆の酒−泡盛の100年


清酒の文明化と文化性
  の再構築


酒論稿集
20世紀の酒文化
ウイスキーの日本化はいかに進められたか
「20世紀の酒文化」研究の一環として行ってきた、各酒類を代表するメーカーへのインタビュー、第五弾はサントリー株式会社。同社は、国産ウイスキー第一号の「白札」発売から、日本独自の水割り文化の確立まで、日本のウイスキー市場を常にリードしてきた。その発展の秘密と経緯を、嶋谷幸雄氏(同社元取締役・山崎蒸溜所工場長)にうかがった。

−御社が本格的にウイスキーを造り始めたのは、約70年くらい前になりますね。
嶋谷 1923年に免許申請をして翌年に造り始めてますから、生産を開始したのは1924年。今年で76年目になります。
−その時には、ビールもそうとう飲まれるようになっていましたし、ワインもそろそろ立ち上がっていましたけれども、あえてウイスキーに手を染めたというのは?
嶋谷 明治の初めに文明開化があって、ワインは国がその象徴として応援して、プロジェクトのようなかたちでやり始めましたが、ウイスキーは応援もしてくれないし、酒税法のなかにもそんなカテゴリーがない。
鳥井信治郎は初め、小西儀助商店という薬種問屋へ行って、洋風のものを触ったりしてます。それで独立して、ワインを事業としてやり始めて、それもずいぶん苦労した末に立ち上げてきたわけです。確かに世の中にも、そういう洋風な気運があったとは思います。しかし、ウイスキーを造ろうと思いつくというのは、鳥井信治郎の強烈な個性です。すごいですわ、商人魂。
それはやっぱり「赤玉ポートワイン」をやって若干成功しましたから、洋酒造りに対するいくらかの自信はあったでしょう。「わしがやったらやれる。やってみたい」という自信、闘志を持っておられた。

ウイスキー造りの難しさ
−当時のイギリスはたぶん、今のアメリカ以上に輝いていた。そういう一歩先を行く文明と先進国に対する憧れみたいなものが、ものすごく大きかったんじゃないでしょうか。
嶋谷 それはあったでしょうし、たぶん、そうとうに新しがり屋だったと思う。しかし、それこそ地を這う苦しみっていうのを味わわれています。「角瓶」が出るまでのあいだっていうのは。製造にしても、何もわからないところから造るんですから。私もずっとウイスキーをやってきましたけれど、ウイスキーは非常に難しい。
−何がいちばん難しいですか?
嶋谷 まず、原料から製品までの製造の工程が他の酒に比べて非常に多い。最後の製品の品質を左右する要素というか、要因がいっぱいある。どこかひとつ変えても酒が変わるけど、どこを触ったらどう変わるか、何がなんだかわからない。
それから、結果が出るのに時間がかかる。5年か6年しないと結論が出ない。現在では経験とか科学が進んでいますから、ある程度推定はできますけれど……。それでも、今でもやっぱりウイスキーは本当につくづく難しい酒。やってきて本当にそう思う。
しかも最初の頃は、注文がまったくなかったらしいですよ。だから逆に初めてウイスキー「白札」を出した昭和4年には、晴れ晴れしい広告をしてますよね(笑)。
「スコットランドにも勝るウイスキーができた(『断じて舶来を要せず』)」
心意気は高いですが、実際は原酒は一種類しかない。5年くらいの貯蔵しかしてなくて、一種類ではバッティングもブレンディングも一切できません。それだけで製品にしたら、そらもう、まろやかさもへったくれもない(笑)。

<<前頁へ      次頁へ>>