時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

酒論稿集
酒器論稿
変わりゆく饗宴外交
■ライトかつヘルシーになったメニュー
―― ご著書に最近の日本の饗宴の傾向として時間が短くなっていると指摘していらっしゃいましたが、これは世界的な傾向ですか?

西川 世界的な傾向ですけれども、フランスやイギリスは前菜、メイン、デザートと決まっていて、もともと全体で1時間くらいです。宮内庁が料理を一品少なくするなど時間を短くしてきていて、以前は四時間近くかけていたのを二時間半くらいで終わるように変えています。忙しくなってきているからというだけが理由ではなくて、ヘルシーで安全なもの、量も少なめにという、食の変化を受けてのことです。狂牛病などが出ていれば、牛肉は出さないというようなことも含めて、食の安全安心、健康的にという流れが影響しています。

―― たいへん食やワインに造詣が深い首脳がいる一方で、フランスのサルコジ大統領のように、食に関心を向けず、すばらしいワインがあってもミネラルウォーターを飲んでいるというような方もいます。こういうタイプの方が増えてきているということはあるのでしょうか。

西川 サルコジ大統領は異質で粗野を売りにしているようなところがあって、それをカーラ夫人がカバーしていました。ヨーロッパは口には出しませんけれど、食に関心を向けない無作法な人を軽蔑するようなところが根強くありますから、彼が特異なのだと思います。
 酒を口にしない首脳も珍しくありません。アルコール依存症を患ったブッシュ大統領はグラスに一切口をつけませんでした。日本では安部晋三首相も飲みません。奥さんはお好きのようですけれど。
 むしろ注目したいのはヘルシーで安全への関心の高まりです。アメリカのオバマ大統領夫人のミシェルさんは、ホワイトハウスで菜園をやっています。これは個人の趣味ということではなくて、アメリカで大きな問題となっている肥満解決のため菜園運動に賛同したものです。自分たちで菜園をつくって野菜をもっと食べようという運動ですが、毎年、ワシントン市内の子供たちを集めて、種まき、雑草とり、収穫を一緒にやって、その野菜をホワイトハウスで調理してもてなしています。彼女はヘルシー、安全ということにとても敏感です。五月にG8サミットがキャンプデービットであった時に、ワシントンにとどまった首脳のご夫人がたをミシェル夫人がもてなしたのですが、外部からスペイン料理の有名シェフを招いてつくらせた料理が興味深いです。ガスパチョ(冷製スープ)、魚と野菜の料理、そしてデザート。野菜たっぷりの料理と魚。肉はなし。わざわざ料理人を呼んでこうした料理でもてなすというのは、素材の味を活かす、野菜を多く、豪勢なことよりもヘルシーにという、健康に気を配っているということをはっきり示すものだったと思います。

―― 日本ではノンアルコールのビールやチューハイが普及しましたが、これから外交の饗宴の席でも用意されるようになるかもしれませんね。

西川 ええ、あると思いますよ。飲み物は相手にアルコールがOKかどうか聞きます。酒はダメだけれどもジュースよりもこれがいいと言われば用意するはずです。

■自国のワインで独自色
―― 日本らしさを饗宴外交に持ち込むという観点でお聞きしたいのですが、首相官邸には洋食器はあるけれど和食器は持たず、和食を出す時にはホテルのものを使うという記述がありましたが、これはどういうことなのでしょうか。

西川 食は料理によって彩りが多様で、これに合わす和食器を全部揃えるのは難しいので、ホテルに任せています。洋食の場合は何種類かの食器を持っていれば使い回せるということでしょう。

―― 見方を変えると和食が国際化する時には、汎用性のある器にうまく収まるようなかたちが要るということかもしれないですね。

西川 ええ、そうかもしれません。

日本ワイン―― 日本ワインを饗宴外交で用いるとしたらどんなケースが考えられるでしょうか。

西川 在外公館でワインに通じた大使がいるところは、現地のワイン専門家を数人招き、和食で日本ワインを味わってもらうような食事会をやっています。日本ワインは生産性が低く単価が高い。しかも日本の風土に似て繊細なワインが多いですから、大勢のパーティーで出すのではなく、じっくり味わってもらうのがいいという判断です。
 ただ、エリゼ宮で日本ワインを使うということはあり得ません。あそこではフランスワインだけですから。他の国でも、あるとすれば日本から来る人をもてなす時に、日本ワインを出すというケースではないでしょうか。
 この点でユニークなのはアメリカです。日本の首脳をもてなす時には日系人がつくるワインを、メキシコの首脳ならメキシコ移民がつくるワインを用意するということをします。これは移民国家であるアメリカにしかできないことです。


<<前頁へ      次頁へ>>