時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

酒論稿集
酒器論稿
変わりゆく饗宴外交
―― この20年間に中国の国際社会での台頭は顕著でした。中国の登場で饗宴が変化したことがありますでしょうか?

中国ワイン西川 特段感じませんが、最近の中国の饗宴では中国ワインが出されます。以前は中華料理に赤ワインだけ用意していましたが、白も用意するようになりました。在外公館でも中国ワインばかりという徹底ぶりです。
―― 中国ではアルコール度数の高い白酒で、繰り返し乾杯してもてなすと言われますが、今でも海外からの賓客のもてなしにやることがあるのでしょうか。

西川 時々ですね。ここぞという時にはやるようです。日本から安部晋三首相が行った時に出しました。彼は飲めないので、奥さんのために出したのだろうと言われています。
―― 逆に言うと白酒を出されたら、向こうが重みのある場としてその饗宴を見ているということですね。

西川 まあ、そういうことでしょう。
 国際社会に入ってきたばかりの国は、最初にイギリスやフランスのような宮廷外交が発達した国を真似します。それがだんだん慣れてくると自国産のワインを使ったり、自国の料理を出したりして独自色を出すようになってきます。
―― そして国際社会の一員として認められた証として呼びたいのが、ローマ法王とエリザベス女王とアメリカ大統領なのですね。

西川 そう。その三人の誰かを招くことができたら、国際社会のメンバーとして認められたことになるという意識があります。

■世間の目を気にし始めた饗宴
―― 最新刊の『饗宴外交』では洞爺湖サミットの話が出てきます。食料危機や貧困の問題を議論する場で、贅を尽くした晩餐会が催されたことを、海外のメディアが批判し波紋が広がったというものです。これがその後の饗宴外交に影響を与えたということはないでしょうか。

ワイン倉庫西川 少なからぬ影響があったと思います。各国とも外からの目を非常に気にするようになりました。洞爺湖サミットの翌年、イタリアのラクイラで開かれたサミットでは、ベルルスコーニ首相は豪勢な料理にしないよう指示しています。ロンドンで開かれたG20首脳会議の食事会でも、ボトルのミネラルウォーターではなくて水差しに水を入れたものにして、わざわざメニューの中でそれをことわっていました。
 毎回質素にと言うわけではありませんが、貧困や飢餓がテーマになる時など、会議の性格によって饗宴の中味には相当気をつけるようになっています。シャンパンでの乾杯はしないとかです。饗宴が世間の目と連動するようになったと言えるかもしれません。

―― なるほど今まで以上に気配りが必要になってきたようです。非常に幅広いお話を頂戴いたしましたが、これから饗宴外交が向かう方向を示していただいたように思います。本日は長時間ありがとうございました。
ブドウ畑
■(2012年7月19日 於 サントリー登美の丘ワイナリー 聞き手:山田聡昭)
※肩書・敬称は当時
■サントリー登美の丘ワイナリー
 このインタビューをおこなった登美の丘ワイナリーは、南に富士山を仰ぎ、眼下に甲府盆地を望むロケーション。1909年にこの土地でブドウづくりを始めて以来、一世紀にわたって土地の個性を最大限に引き出すワインづくりに力を注いできた。
【営業時間】
9時30分〜16時40分(水曜日定休)
 ショップやレストランを自由に利用できるほか、毎日「ぶどう畑見学バスツアー」「ワインセラー見学ツアー」が開催(無料)。土日・祝日には「日本ワイン・テイスティングセミナー」がおこなわれる(参加費:1000円)
【アクセス】
JR甲府駅から路線バスが運行(有料)。運行スケジュールは要確認
【予約方法】
WEB予約:http://suntory.jp/TOMI-W/
電話予約:0551・28・7311
登美の丘ワイナリー
美味しい料理とテラス
ショップ

<<前頁へ      次頁へ>>