時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

酒論稿集
酒器論稿
日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
  ■受け容れられなかった本格ワイン
 ―― 善兵衛のワインはどうして売れなかったのでしょうか。

第二石室の奥には天然雪で冷却している雪室の入口もある坂田 当時の一般の日本人には渋味や酸味のある本格ワインには馴染がないのです。日露戦争のときに軍関係の特需で一時的には好転しますが、昭和初期の経済不況や同じワインでも甘味果実酒に押されて経営は苦しくなります。1934年には寿屋(現サントリー)の鳥井信治郎と共同経営で株式会社岩の原葡萄園を設立することになって、今日に至ります。昭和50年頃まで日本のワインは甘味果実酒が主流だったのですから、時代が早すぎたとも言えます。
 一方で、会社経営の負担が少し軽くなった善兵衛は、メンデルの遺伝の法則によるブドウ品種の改良やワインの研究に一層励み、1941年には、日本農学会から論文『交配に依る葡萄品種の育成』で日本農学賞の最高賞を授与されます。日本の風土に合い、良質のワインができるブドウ品種育成の努力が公的に認められたのです。彼が手がけたブドウの交雑は1万311種類にのぼり、最終的に22種類の新品種を後世に残しました。

 ―― ブドウの品種改良は利益にならないものなのでしょうか。この頃には「マスカット・ベーリーA」も誕生していますよね。

川上善兵衛が作った第二石室は今も貯蔵ワインの倉庫として使われている坂田 ふつうは新しいブドウ品種をつくり出せば、苗木の販売などから利益が出るのですが、善兵衛は全国からブドウ栽培家の研修生を呼び入れ、ほとんど無償で苗木を持たせました。自社の利益よりも日本のワインのためにという思いが強かったようです。その結果、「マスカット・ベーリーA」は全国に普及し、国産ブドウの中で生産量第4位となっています。ちなみに生産量第1位の「巨峰」も善兵衛が輸入した「キャンベルアーリー」から生まれた品種ですし、第3位の「ピオーネ」、第5位の「キャンベルアーリー」など善兵衛に関わりのある品種だけで、日本で生産されるブドウの約6割を占めています。

■善兵衛のブドウで高品質ワインを造る
―― 善兵衛がこの土地で始めたワインづくりの概略はわかりました。今度は、現在の岩の原葡萄園の特徴やワインについてお聞かせください。

坂田 私は2008年に岩の原葡萄園の社長になりました。それ以前はサントリーのワイン事業部などで、グローバルなワインの世界で仕事をしており、グループ会社とはいえ岩の原葡萄園とは、ほとんど関わりはありませんでした。日本国内のオリジナル品種のワインで、同じワイン分野でも別次元の事業という感じです。
今、当社は、「善兵衛が日本の風土に合うように品種改良したブドウで、高品質のワインをつくる」ことを基本方針にしています。「マスカット・ベーリーA」を中心に「ブラック・クイーン」「ローズ・シオター」「レッド・ミルレンニューム」「ベーリー・アリカントA」の5品種を中心に栽培し、ワインをつくっています。

―― 豪雪地帯の上越はワインづくりに向いているのですか。

坂田 たしかに冬の積雪は凄いですが、まずはこの土地の気候全体について説明します。ブドウの生育する4〜10月の降水量も1147mmと多く、ボルドーの2倍くらいあります。ブドウは雨に弱いですから、この土地ならではのブドウづくりの技術が必要となります。幸い土壌は礫岩層で水はけがよいので、よいブドウがつくれます。年間平均気温や4〜10月の日照時間などは、ボルドーや甲府などの銘醸地と比べても遜色ありません。



<<前頁へ      次頁へ>>