時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

酒論稿集
酒器論稿
日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
  ■「マスカット・ベリーA」ではありません
 ―― ところで、世間では「マスカット・A」とも呼ばれていますが、これはどちらが正しいのでしょうか。

坂田 「ベリーA」という表記を多く見かけるのは事実ですが、「ベリー」は英語で書くとberryです。「マスカット・ベーリーA」の英語のつづりはMuscat bailey Aなので「ベリー」は明らかな誤記です。

 ―― 川上善兵衛が産み出した他のブドウ品種のワインについてもご紹介ください。

坂田 珍しいワインとしては「ローズ・シオター」で、ドサージュ(補糖)をしない極辛口のスパークリングワインをつくっています。「レッド・ミルレンニューム」では、クリオ・エクストラクション法(収穫したブドウを一度凍らせてから圧搾する)で醸造することで酸のきいたどこにもない甘口ワインをつくり、2011年に国産ワインコンクールで金賞と部門最高賞をいただきました。ほかにも、ワイナリー併設のガーデンレストラン「ラ・カーブ」(※営業期間は4月中旬〜11月上旬)で「ペルレ」という発酵途中のワインを提供しています。これは、発酵による炭酸ガスでビールのような泡立ちがあり、爽やかな口当たりでここでしか飲むことができませんが、大変好評です。それから当社のワインは、和食にもよく合うのでおすすめしたいです。

―― 興味深いワインが目白押しです。雪がとけてレストランの営業が再開されてからぜひお伺いしたいですね。本日はどうもありがとうございました。


(2013年11月11日 於 株式会社岩の原葡萄園 聞き手 狩野卓也)
株式会社 岩の原葡萄園
上越市大字北方1223
TEL025-528-4002
http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/

代表取締役社長坂田敏
1949年生 早稲田大学卒業後、サントリー株式会社入社。ワイン事業部などを経て、2008年に岩の原葡萄園代表取締役社長に就任。

<<前頁へ      次頁へ>>