時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

酒論稿集
酒器論稿
週末はいつもアウトドア
晩酌は毎日欠かすことはないという廣川健太郎氏■毎日の晩酌も二日酔い知らず
―― さてお酒のお話もおうかがいしましょうか。山でもお酒は飲まれるのですか。
廣川 酒は好きなほうで、社会人になりたての頃は、山を下りた後に地元の酒を飲むことも多かったです。最近は往復に車を使うことが多いので、降りた後は飲めないですが。

―― そうなると山で飲むのは泊りがけのときだけですね。
廣川 基本的に酒は持っていきますが、山小屋で地元の清酒やワインを置いているところが多いのでそういうのも飲みますね。冬に幕営で入るときはウイスキーやブランデーが中心。甘いホット紅茶やお湯で割って飲むと気持ちも温まります。長期のときには90度を超える蒸溜酒を持って行くこともありました。長く入るときは重量との兼ね合いがあるので、アルコール度数優先で選びますね。

―― ふだん町ではどんな感じで飲んでいるのですか。
廣川 ほぼ毎日です。一番よく飲むのは焼酎ですが、ビール、日本酒、ウイスキー、ワイン、なんでも飲みます。自宅で飲むときはいわゆるチャンポンにはせず、焼酎なら焼酎、日本酒なら日本酒、ウイスキーならウイスキーだけという感じです。

―― 一日にどれくらい飲むのですか。
廣川 焼酎だと二合くらいをロックで。沖縄に勤務したので泡盛が多いです。日本酒だと四合まで。ウイスキーは濃いめの水割りで数杯ですが、だいたい同じ程度に酔っています。ワインだと妻のつきあいなので少なめです。

―― 強いですね、そろそろ酒量を控えようと考えたりしませんか。
廣川 もし気になり始めたら、一日の酒量を減らすより飲まない日をつくります。あとは、外で軽く飲んだ日は、自宅に帰ってから飲み直すのをやめるかな。

―― 本当に酒豪ですね。本日はありがとうございました。

(2013年12月 於:のど黒屋新橋店 聞き手:狩野卓也)


氷瀑を登る廣川氏廣川健太郎(ひろかわけんたろう)
 1960年生れ、84年に日本山岳会カンチェンジュンガ遠征隊に参加。KDDI勤務。著書に『アイスクライミング』(白山書房)、『チャレンジ! アルパインクライミング〜北アルプス編』(東京新聞)、DVD「アドバンス山岳ガイド雪の剱・立山連峰」(山と渓谷社)など。

<<前頁へ      次頁へ>>