時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

酒論稿集
酒器論稿
和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
今年は食文化のセミナーの講師をする機会が増えた■料理は楽しむべきもの、手放してはいけない
―― 日本の食で、今、一番気になっているのはどんなことですか?
阿古 何といっても料理をしない方がどのくらいいるのかということです。私の周りは料理する人ばかりですが、惣菜を買ってきて食事を済ませてしまう人が増えていると聞きます。それがどのくらいの割合なのか、どこまで進むのか、料理をしない方は健康を害さないのかなど、料理の伝承も含めて気になっています。料理は健康を守るとともに楽しむべきものという要素もあり、手放してはいけないと思うので。
 都心にはフードマイレージを気にしたり、専門的な素材を使って料理したりする、食に対する意識の高い人が住んでいると思います。田舎の方は買ってくるというわけにいかないので自分でつくる。もしかしたら郊外がいちばん料理をしなくなっているのではないかと・・・・・・。スーパーやコンビニでは惣菜は郊外店が一番充実しているとも聞きます。

―― 郊外に住んでいますが、料理をしないという方は希ではないでしょうか。スーパーのレジでは買い物かごにお弁当やお寿司が入っていますが、大根やキャベツも入っています。お昼は買ってきたお弁当でも夕飯はつくるとか、ある程度のところでバランスを保つと思います。惣菜やレンジで温めるだけの食品が伸びているのは確かですけれど。
 ひょっとすると定年男性が料理するようになって様子が変わるかもしれません。私どもで発行している『さけ通信』というフリーマガジンに寄せられるお手紙を見ていると、初老の男性から簡単にできる酒の肴のレシピの要望が多い。家庭菜園で野菜はつくれるけれど、できた大根を調理できないのが歯がゆいような感じで、自分が飲む酒の肴くらい自分でつくりたいと思っている人が大勢いそうです。

阿古 そうやって料理する人が増えるといいですね。魚釣りが趣味の人は魚を捌ける人が多いですから、家庭菜園をやっている人も……。

―― 料理を覚えるのにインターネットがいい学習ツールになっています。魚を上手に捌く居酒屋の親父さんに、どこで覚えたのと聞いたら「ユーチューブ」と帰ってきたのでびっくりしました。レシピ検索や投稿は当たり前です。
阿古 ええ。魚の捌き方は動画サイトがよく見られています。手元の細かい動きまでわかるのがいいのでしょう。母の世代も私の世代も、母親から料理があまり伝承されていません。母の世代は戦争がありましたし、戦後は家庭の台所の調理設備がまったく変わりました。私の世代は手伝わなくていいから勉強しなさいと言われて、親から子へ料理が伝えられていません。その役割を担ったのは、主婦向けの雑誌でありテレビの料理番組でした。そして女性の役割や働き方が料理には強く影響しています。

―― たしかにそうですね。最後に次のテーマでなにかお考えのことがあればお聞かせください。
阿古 まだ具体的にはなっていないのですが、日本の発酵食品をやりたいと思っています。和食の味付けを決めるものですし、酒や漬物など幅広いので。ある酒蔵の方にお声をかけていただいて、田圃仕事を体験させてもらいながら、勉強し始めたところです。何年か後にまとめられたらいいなあと思っています。

―― それはうれしいですね。お手伝いしますから、できることがあれば遠慮なくおっしゃってください。本日は長時間ありがとうございました。
(2015年10月9日 聞き手:山田聡昭・酒文化研究所)

<<前頁へ      次頁へ>>