時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

酒論稿集
酒器論稿
若者のための酒場歩きガイド
■最初は盛り場をぐるりと2周
―― 初めての町で知らない店に入る時に、いい店を見分けるコツがありますか。
橋本 そうですね、表にメニューが出ていればおおよそどんな店か見当がつきますし、そうでなくても中の様子が見えれば、好みに合うかどうか手掛かりがあります。まったく見えない時はお手上げなのですが、暖簾の色とか店の構えとか掃除の仕方とか、きれいすぎるのもダメで、説明できないオーラというか美意識のようなものをチェックします(笑)。路地のほうが家賃が安いから良心的な店が多いはずとか考えながら、初めての盛り場では2周はします。ウロウロしているうちにチラッとでも中が見えて、早い時間から常連客で一杯になっていたら間違いありません。今はネットでも情報はとれますが偏っていることが少なくないですから、実際に足を運んで最後は現場で判断するしかありません。

―― 大衆酒場の名店は和風店はたくさん残っていますが、高度経済成長時代に一世を風靡したトリスバーのような洋風店は見なくなりました。『トリスウイスキー』は今年70周年だそうですが、東京中野の「ブリック」や新地に移転して再開した「十三トリスバー」などは味わいがあります。
橋本 洋風の大衆バーもやりようはあると思います。昔に比べたらいいウイスキーが圧倒的に安くなりました。昔は一万円したジョニ黒が二千円ですからね。ところが昔からの惰性で、価格設定の高すぎる店が多いのではないでしょうか。相応にリーズナブルに提供していけば客はつくと思います。フードもおいしいものを手頃な価格で出せば、洋風のものが好きな人は行くはずです。

―― 今、その価格を知っているのは50歳以上、20代は二千円に下がってから生まれた子たちです(笑)。まあ、ハイボールが広まってウイスキーが再評価されたので、そのうちに大衆洋酒酒場も出てくるのかな。
橋本 いまの若者たちがサラリーマンの中心になるころには、増えているんじゃないでしょうか。たぶん。

―― 大学生にいきなり知らない街の大衆酒場に一人で入れというのは、少しハードルが高いので、その前の基礎トレーニングはどうしましょうか?
橋本 自分でつまみを頼むところからスタートしましょう。入ったことのあるチェーン店でいいから、メニューを隅から隅までチェックして、単品でつまみをオーダーします。そうしてどこの店にもありそうな居酒屋メニューを覚える。煮込み、もつ焼き、肉じゃが、おしんことか。鶏のから揚げや串カツあたりも無難だし、そうそう最近の学生は酢の物をあまり食べませんが、酢の物の味も覚えて欲しいです。



■居酒屋受難の時代
―― 以前、趣味だった酒場歩きが本業の社会学と接点ができたのは、格差拡大が進んだからとお書きになっていました。(『居酒屋ほろ酔い考現学』2008年・毎日新聞社刊)
橋本 それは酒について書いた最初の本ですね。安い大衆酒場に足しげく通っていたら、ある時から背広姿のサラリーマンやおしゃれなOLを見るようになりました。賃金が下がってブルーカラーが大衆酒場に来られなくなり、替わって彼ら・彼女らがやって来た。2000年に入った頃からだったでしょうか。日本の社会の階層化が進んで酒場の風景が変わったのだと思い、これを手掛かりに社会の変化を浮かび上がらせようとしました。

―― 今やホワイトカラーにも大衆酒場に行かずに、コンビニの前で缶チューハイを立ち飲みする姿をよく見かけます。
橋本 ええ。こうした変化は居酒屋にも影を落としています。居酒屋へ行ける人が減ったので、もともと薄利でやっていた店が維持できなくなっていきます。年寄り夫婦が自宅の一階を店にしてやっていた居酒屋ですら、所得が少ないので子供に跡を継がせない。年金をもらいながら、なんとかやっている。最初に学生たちで行きつけの個人店が伝承されないと言いましたが、店のほうもどんどん減っています。居酒屋受難の時代と言ってもいい。
 民主党政権で農家の戸別所得補償をやりましたが、町の商店も社会インフラですから同じように補償しようという考え方もあると思います。商店が町中から消えて買い物難民が出る、消防団やPTAなど地域の仕事は地元で商売する人が担っています。元気で外に働きに出ていける人ばかりではないので、生活環境の保全という意味で都市の商業空間の維持するため個別に支援する政策も検討していいのではないでしょうか。

―― たしかに酒場にしろ小売店にしろ、良心的な個人店は地元のサロンみたいなところがあります。社会資本として評価されていいですね。
橋本 若い人たちの所得が上がらないなかで、スマートフォンなどの新たな出費が嵩んできて、酒を飲むことが贅沢にすらなってきています。酒税も見直す時期で、ビールは価格の半分が酒税、それに消費税までかけているのはおかしい。世界にこんなにビールの税金が高い国はありません。ビールの税率が下がればクラフトビールが広がって、ビールはもっとおもしろくなります。

―― 先生はクラッシック音楽にも造詣が深いとお聞きしています。
橋本 造詣が深いかどうかはともかくクラシックは好きですね。2年に一度、妻とザルツブルグ音楽祭に行くのが楽しみで、日本でよりもかなり安くでコンサートを聴けます。オーケストラもオペラも半額に近いかな。

―― たしか夏でしたね。ザツツブルグ音楽祭は。
橋本 八月です。ビールがおいしいのですよ。ドイツ、オーストリア、チェコあたりはラガービールで日本のビールに近いスタイルです。いい音楽を聴いて、世界遺産の町並みを眺めながら飲むビールはそれは気持ちがいいです。

―― あの辺は蒸溜酒づくりも盛んですね。ウォッカのようなスピリッツ。
橋本 さすがよくご存じですね。杏や梨、リンゴなどのフルーツやハーブを使ったものをよく見かけます。スピリッツやリキュールなど蒸溜の文化が厚い地域です。

―― 今年の夏は音楽とビールを堪能できそうですね。うらやましいです。本日はどうもありがとうございました。

(2016年2月1日 於:オールドステーション 聞き手:酒文化研究所 山田聡昭)

【プロフィール】
早稲田大学人間科学学術院教授。1959年石川県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学の後、静岡大学助教授を経て武蔵大学教授、2013年より現職。専門は理論社会学および階級・階層論。

<<前頁へ      次頁へ>>