時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

第1回 ハッピーを大きくしたプレミアムビール
狩野卓也


第2回 変わりゆく饗宴外交
西川恵


第3回 かかりつけの名医のみつけ方
松井宏夫


第4回 日本の赤ワインの礎「マスカット・ベーリーA」
坂田 敏


第5回 週末はいつもアウトドア
廣川健太郎


第6回 不可能の壁を超える実践優位のマーケティング
石井淳蔵


第7回 ブレンダーという仕事
輿水精一


第8回 過去の体験が濾過されて曲になる
村井秀清


第9回 グラスはつくり手と飲み手をつなぐ
庄司大輔

第10回 落語を世界へ 英語で伝える日本の話芸
立川志の春


第11回 和食は「ご飯がたべたい」料理の文化
阿古真理


第12回 若者のための酒場歩きガイド
橋本健二


第13回 画像で気持ちが伝わる ネット口コミが市場を動かす
徳力基彦


第14回 創業60周年 復活した十三トリスバー
江川栄治


第15回 カクテルバーのコミュニティ
豊川紗佳


第16回 次に目指すは日本のバー文化の底上げ
坪倉健児


第17回 カクテルアワード受賞経験を倉敷で活かす
松下知寛

第18回 地域でつくるオペラアカデミー「農楽塾」
中嶋彰子

第19回 「消費されるワインの最高峰」を目指して
椎名敬

第20回 ウイスキーと映画そしてケルト文化
武部好伸

第21回 日本の夜の公共圏スナックの将来
谷口功一

第22回 日本ワインをさらに輝かせるために
遠藤利三郎

第23回 女子が大衆酒場を元気にした
倉嶋紀和子

第24回 93歳のバーテンダーがつくるカクテル「雪国」
倉嶋紀和子

酒論稿集
酒器論稿

日本の夜の公共圏スナックの将来
 スタンダードカクテル「雪国」。井山計一さんが昭和34年(1959年)に「第3回全日本ホーム・カクテル・コンクール」(主催:寿屋 現サントリー)に応募しノーメル賞グラン・プリを受賞した作品である。グラン・プリを獲っても、創作者以外の多くのバーテンダーがつくり、長く飲み継がれるスタンダードカクテルになるものは稀だ。今、井山さんは93歳にして現役、週に5日カウンターに立ちシェイカーを振る。昨年、彼の半生を描いた映画『雪国』が公開されると、上映館は地元の山形から東北、関東、関西へと広がった。井山さんに会いに、港町酒田にある「ケルン」を訪ねた。

■饒舌なバーテンダー
カウンターでの井山さんは常に笑顔。お客さんと会話するのが何よりも楽しいと言う 約束の時間に店を訪ねると向こうからドアが開き、顎ひげの若い男性が現れた。いきなり「酒文化研究所の方ですか?」と問う。映画「雪国」を監督した渡辺智史さんだった。鶴岡を拠点に、クリエイティブの力で地域を元気にする活動に取り組んでいる。店に招き入れられ、井山さんに挨拶するとそのままインタビューが始まった。
 映画の撮影が始まったのは3年前。近くの街で開催されたバーテンダーの技能コンテストの会場でスタートした。

「映画「YUKIGUNI」は各地で上映会を開催中井山 この人がカメラでずっと私を撮っているのです。私なんかを撮ってどうするのと思っていたら、映画ですと。
渡辺 それ以前に映画のことはお話ししていたのですが、どんなものなのかよくおわかりでなかったようで……。それから時々お邪魔して撮影して、ご家族にもご出演いただきました。
井山 鬼監督なのですよ、この人は。ピンマイクをつけられて、雪の中で河原を何時間も歩かされました。トイレもないところです。身体が冷えてしまい、そのまま温泉に行ってお湯に浸かって生き返ったと思って、ふと顔を上げたら目の前にカメラがあった。そんなところまで撮っている(笑)。
渡辺 そんな鬼監督じゃないですよ(汗)。ところで今日はパチンコいかがでした?
井山 ダメ。負けた。毎日行くけれど今日はダメ。遊びなら自転車でどこへでも行ったのに、転ぶと危ないからと娘に自転車を取り上げられてしいました。自転車屋が転ばない自転車があるけど10万円もすると言うので、構わないから持ってきてくれ、毎日働いているのだから(買えるよ)と。
渡辺 撮影が始まったのは3年前ですが、本格的に撮ったのは2年ですね。
―― ご自身が出ている映画をご覧になっていかがでしたか?
井山 2回見たのですけれど、実はよく覚えていないのです、呆然と見ている(笑)。家族もみんな、孫たちにはお爺ちゃんの映画だよと見せました。自分が映画になるなんて考えたこともありませんでした。降って湧いたような話で、不思議な感じがしています。
渡辺 そうそう井山さん、京都の上映会の初日は、立ち見が出るほどの人気だったと連絡がありました。大阪・神戸の上映会も好評のようです。
井山 それはよかった。あっそうだ、この間、神戸のバーテンダーから電話があって5月に団体で来たいと言うので、何人と聞いたら100人だって。ええっ、そんなに入れないよって(笑)。

 井山さんはとにかくしゃべる。話題はあっちに飛び、こっちに飛びしながら、カクテルのこと、ご自身のキャリアのこと、映画のこと、好きな音楽のことなど、途切れることなく話は続く。それをカウンターに座るお客さんたちはニコニコと楽しく聞く。そして、井山さんは「雪国」をつくる。

■「雪国」誕生
「雪国」はグラスの縁を上白糖でスノースタイルにする 今、ケルンを訪れる客のほとんどは「雪国」をオーダーする。井山さんのつくるカクテルを飲もうと全国からやって来る。土日だけでなく平日もほぼ満席だ。昼間の喫茶店の営業は長男の多可志さんご夫妻が担当し、17時からのバータイムが井山さんの出番。3人の女性アシスタントが手伝うが、メインは井山さんである。休日は月曜日と火曜日の2日だけ。普段は歩くときに杖を使うが、カウンターの中では使わない。

井山 私は恵まれたバーテンダーです。ひとつだけ、「雪国」だけつくっていればいいのですから。うちに来るお客様は、みんなこのカクテルを注文します。3人入ってきたら3つ、次に2人来たなあと思ったら2つ、もう3人来たと思ったら8つ。8杯まで1度につくれるから、まとめてつくってお出しする。1日に何十杯も出て、それで飯が食えるのだからありがたいことです。
 ただ50年前と同じ味ではありません。時代とともにパワーアップして進化し続けています。コンクールに出した昭和30年頃は、皆、甘いのがカクテルだと思っていました。今はそんなに甘くしません。氷も変わっています。氷の冷蔵庫で氷を冷やしていた頃と、電気冷蔵庫でマイナス20℃に下げた氷は違う。昔は(氷の温度が高いので)たくさんシェイクしましたが、今はそんなに振らなくていい。たくさん振ればアルコール度数は下がります。私はコーディアルのライムを使うけれど、銀座では生ライムを使ってもっと辛くする。だけど緑の色がなくなります。
全日本ホーム・カクテル・コンクールの応募用紙。プロのバーテンダーだけでなく一般の人も応募できた。はがきの裏面にレシピと完成図を手書きする。―― コンクールに応募したきっかけは?
井山 バーテンダー協会の東北支部から募集が来ているから出せと言われたのがきっかけです。最初は書類審査で、応募用紙に手書きでレシピと完成イメージの絵を書いて応募する。作品はたまたま手元にあった3種類の酒でつくって、飾りに緑色のミント・チェリーをグラスの縁に乗せました。しばらくして東北地区の予選で「雪国」が3位に入った、東京の全国大会に出場だと連絡が来ました。私は応募したことをすっかり忘れていて、「雪国」ってどこかで聞いたことがあるぞくらいのものでした。
 その後バーテンダー協会の東北支部長をしていらした、仙台のBar門の長嶋さんが縁に乗せていたミント・チェリーを中に沈めてみてはおっしゃるので試してみると、グッと素敵になって、「雪国」が完成しました。
「雪国」のノーメル賞グラン・プリ受賞を知らせるパンフレット。審査員は文化人経済人など20名。錚々たる顔ぶれが並んでいる―― 全国大会で大勢の審査員や観客の前でカクテルをつくるのは緊張したのではありませんか?
井山 いいえ、それがまったく緊張しませんでした。これがその時のパンフレットです。審査委員長がサトウハチローさんで、審査員には佐治敬三さん、岡本太郎さん、安岡正太郎さん、宇野重吉さん、五島昇さんなどすごい方々が並んでいるでしょう。司会は高橋恵三さんでした。大手町のサンケイホールで客席もいっぱいでしたから2000人くらいいたのではないでしょうか。入賞作品は下から順番に発表されて、東北大会で1位と2位だった作品が金賞、銀賞で呼ばれたので、3位の私はもう名前は呼ばれないと思ってバーコートを脱いで客席で見ていました。そしたらグラン・プリの発表で私が呼ばれて驚いた。そんなわけで、檀上のバーテンダーはみなバーコートを着ているのに、私だけ普通の背広姿なのです。
―― グラン・プリの受賞は人生の転機になったのではありませんか。
井山 そうですねえ、10年くらい前から「雪国」と言って全国からお客さんが来てくださるようになしました。ありがたいことです。
談笑するときと一変。シェエイカーを厳しい表情になった。毎日何杯も「雪国」をつくり、グラスをスッと前に出す。


<<前頁へ      次頁へ>>