時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89
西暦 元号 サッポロ
ボール
アサヒ
ビール
キリン
ビール
業界・一般
1890 〃23 日本麦酒醸造、「恵比寿ビール」発売 札幌麦酒醸造、「札幌エアランゲアビール(黒ビール)」発売     第1回衆議院議員選挙
1891 〃24 中川清兵衛、札幌麦酒醸造を辞職  日本麦酒醸造、経営不振で三井物産会社に再建依頼    札幌麦酒醸造、東京13カ所、横浜1カ所と大販売所契約(国分、吉田ほか)   吹田村醸造所竣工   ドイツ人の醸造技術者M・メルゲル、B・ダニール来日    
1892 〃25 日本麦酒醸造、馬越恭平が委員長に就任 「アサヒビール」発売    
1893 〃26 日本麦酒醸造、日本麦酒株式会社に社名変更 札幌麦酒会社、札幌麦酒株式会社と社名変更 ババリア風「ニシキビール」発売 大阪で製瓶開始 ジャパン・ブルワリー、初めての国産びんを使用 横山助次郎「明治ビール」「日の出ビール」「千歳ビール」発売
1894 〃27 日本麦酒、「恵比寿黒ビール」発売      
1895 〃28 日本麦酒、ドイツから製麦設備を導入し製麦場を設置 札幌麦酒、函館・新潟・長野・仙台などに売捌代理店新設(全国71箇所になる) 京都府下でビール大麦の契約栽培開始   日清講和条約調印
1896 〃29 日本麦酒、ドイツ・アメリカ・国産各大麦の製麦試験開始     「酒造税法」公布
1897 〃30   本格的なビヤホール「アサヒ軒」の第1号店開業    
1898 〃31 札幌麦酒、東京出張店開設を決議。「札幌黒ビール」(樽詰)発売   日本麦酒、醸造技師ドイツ人ウィルヘルム・コブリッツ招聘し、酵母の純粋培養開始      
1899 〃32 日本麦酒、恵比寿ビヤホール開業 吹田村醸造所内で製瓶開始 「ボックビール」発売 ザ・ジャパン・ブルワリー設立。日本法人となる 鳥井商店開設、ブドウ酒製造販売開始
1900 〃33 札幌麦酒、苗穂村に製瓶所     パリ万国博覧会開催
1901 〃34 札幌麦酒、東京工場(のちの吾妻橋工場)建設着工     「麦酒税法」(以下、「ビール税法」)公布。造石税1石7円
1902 〃35 札幌麦酒、大阪に本社出張所開設     日英同盟条約調印
1903 〃36 札幌麦酒、ビヤガーデン開業(東京工場構内) 東京向島須崎町に出張所「朝日軒」開設  日本橋堀江町に東京出張所「アサヒ屋」出店    
1904 〃37 札幌麦酒、「1升びん詰ビール」発売 東京八丁堀2丁目に出張所開設   日露戦争開始
1905 〃38 札幌麦酒、第2製麦所操業開始      
1906 〃39 日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒が合併し、大日本麦酒株式会社が発足   「ピルスナービール」発売  
1907 〃40 札幌工場、王冠試用開始 東京麦酒新(株)買収し、保土ヶ谷工場と改称 大阪支店、大阪支店出張所開設   ザ・ジャパン・ブルワリーと新会社発起人(近藤廉平、瓜生震、米井源治郎)との間で売却協定調印され、麒麟麦酒(株)発起人会が成立  明治屋との一手販売契約締結を決定  
1908 〃41 麦酒試験所開設(王冠使用などを研究) 第1回札幌ビール会開催(札幌)     日本第一麦酒、加富登麦酒(株)と社名変更
1909 〃42 清涼飲料水「シトロン」発売(王冠使用) 九州出張所開設      
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89