時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89
西暦 元号 サッポロ
ボール
アサヒ
ビール
キリン
ビール
業界・一般
1930 〃5 「エビオス」発売 不況により人員整理(約4500人。この年だけで約1000人)   神崎工場製麦工場完成 日本麦酒鉱泉、「ユニオンビール」乱売(王冠1コ3銭で買上など特売)   寿屋、「オラガビール」発売   金輸出解禁
1931 〃6 名古屋工場内に直営ビヤホール「浩養園」開業。尾張町のカフェーライオンを直営とし「ライオン・エビスビヤホール」開業     日本麦酒鉱泉・寿屋、乱売合戦激化  満州事変勃発
1932 〃7 人員整理約230人   「キリンスタウト」発売開始 東京麦酒協調会設立(乱売防止努力)
1933 〃8 「ビタミンビール」発売 麒麟麦酒と販売協定締結   日本麦酒鉱泉を合併し合計14工場に 地元資本と折半で朝鮮麦酒叶ン立   「2?入りビール特大びん」発売   小樽支店を移転し、札幌支店開設  朝鮮に昭和麒麟麦酒(株)設立 アメリカ、「全国禁酒法」廃止により酒類解禁   日本、国際連盟を脱退
1934 〃9 麒麟麦酒と共同出資により満州麦酒(株)設立 寿屋の鶴見工場買収、東京麦酒(株)設立 朝鮮麦酒、出荷開始   大連出張所開設   横浜に製瓶工場完成 麦酒醸造業、重要産業に指定される
1935 〃10 「サッポロビール」、ドイツへ初輸出   ドイツ・ミュンヘン醸造研究所長ハインリッヒ・リューエルス博士招聘 「アサヒスタウト」発売      
1936 〃11 醸造技師ドイツ人クラウス・フォン・ワカノ招聘 満州麦酒第1工場竣工(奉天)   満州麦酒第2工場完成 二・二六事件起こる
1937 〃12 広島出張所開設、東京出張所を支店に昇格   アサヒビヤホール開業(大阪・梅田新道) 「アサヒスタッビー」発売   広島出張所開設 廬溝箸で日中両軍衝突(日中戦争の発端)  
1938 〃13 ドイツ人のホップ栽培技師ハインリッヒ・ヒルシャー、製麦技師ヨゼフ・ウルストバウアー招聘   広島工場完成 「国家総動員法」施行
1939 〃14 目黒工場改築完了 日本酒造(株)買収   奉天支店開設   国産ホップによる自給策を樹立 第二次世界大戦勃発
1940 〃15 日本酒造を清水市から目黒工場内に移転、合成酒「祖国」製造開始     日独伊三国同盟締結
1941 〃16 奉天に満州支店新設。王冠コルク(あべまき)自給を目指し庄原林業所開設     太平洋戦争開戦
1942 〃17 軍当局からサンミゲルビール会社(フィリピン)及びアーキペラゴビール会社昭南工場(シンガポール)の管理受託     「企業整備令」公布
1943 〃18 企業整備により桜麦酒を合併 大阪支店を除く全支店閉鎖(販売を中央麦酒販売に委託)   麒麟科学研究所開設  
1945 〃20 名古屋・吾妻橋・目黒・川口工場罹災。各工場に生産転移要項通達   転用に備えて技術者を軍需省発酵研究所に派遣、アルコールの製造技術を習得 太平洋戦争終結
1946 〃21 目黒工場、仕込み再開。西宮工場「三ツ矢サイダー」製造再開   横浜工場コカ・コーラの委託びん詰作業開始   各工場副業計画決定、横浜工場=醤油製造、アミノ酸製造、製塩、貸倉庫、神崎工場=製粉、製氷、貸倉庫、広島工場=製氷、貸倉庫   ビタミンB1剤(粉末)発売  
1947 〃22 古王冠1貫(3.75s)とビール1本引き替え(3.15まで東京35区域で実施)   分離準備委員会、「報告書」提出   横浜工場醤油仕込み開始   横浜工場戦災復旧工事決定 健胃剤「キリンクミゲン」発売 「過度経済力集中排除法」公布施行  「日本国憲法」施行   「酒類配給公団法」公布
1948 〃23 過度経済力集中排除法に基づく指定会社に再編成計画書提出。日本麦酒、朝日麦酒の新設社名を明示   KBソースを京浜地区に初出荷   横浜工場、強力消化滋養剤「キリナーゼ」製造開始 「酒類配給公団」発足
1949 〃24 大日本麦酒(株)分割、日本麦酒(株)発足。資本金1億円、社長柴田清。5支店(札幌、仙台、東京、名古屋、九州)、5工場(札幌、川口、目黒、名古屋、門司)。横浜、函館に出張所開設   新商標「ニッポンビール」発売   大日本麦酒(株)分割、朝日麦酒(株)設立(資本金1億円)、社長山本爲三郎・本店(東京)支店(東京、大阪、広島、四国、九州)工場(吾妻橋、吹田、西宮、博多)   商標「アサヒビール」復活(単色刷り) 戦後初めて職員を新規採用 酒類配給公団解散に伴い支店(横浜、名古屋、神戸、仙台、広島)、出張所(京都、高松、福岡)を復活   商標(キリンビール)を復活、 南九州(3県)と北海道を除く全国に出荷開始   ホップ戦後初輸入 酒類自由販売復活 統一商標「麦酒」から各社銘柄別商標へ(単色刷り)    ビール輸出再開許可 ビヤホール復活  
1939 〃14 目黒工場改築完了 日本酒造(株)買収   奉天支店開設   国産ホップによる自給策を樹立 第二次世界大戦勃発
1940 〃15 日本酒造を清水市から目黒工場内に移転、合成酒「祖国」製造開始     日独伊三国同盟締結
1941 〃16 奉天に満州支店新設。王冠コルク(あべまき)自給を目指し庄原林業所開設     太平洋戦争開戦
1942 〃17 軍当局からサンミゲルビール会社(フィリピン)及びアーキペラゴビール会社昭南工場(シンガポール)の管理受託     「企業整備令」公布
1943 〃18 企業整備により桜麦酒を合併 大阪支店を除く全支店閉鎖(販売を中央麦酒販売に委託)   麒麟科学研究所開設  
1945 〃20 名古屋・吾妻橋・目黒・川口工場罹災。各工場に生産転移要項通達   転用に備えて技術者を軍需省発酵研究所に派遣、アルコールの製造技術を習得 太平洋戦争終結
1946 〃21 目黒工場、仕込み再開。西宮工場「三ツ矢サイダー」製造再開   横浜工場コカ・コーラの委託びん詰作業開始   各工場副業計画決定、横浜工場=醤油製造、アミノ酸製造、製塩、貸倉庫、神崎工場=製粉、製氷、貸倉庫、広島工場=製氷、貸倉庫   ビタミンB1剤(粉末)発売  
1947 〃22 古王冠1貫(3.75s)とビール1本引き替え(3.15まで東京35区域で実施)   分離準備委員会、「報告書」提出   横浜工場醤油仕込み開始   横浜工場戦災復旧工事決定 健胃剤「キリンクミゲン」発売 「過度経済力集中排除法」公布施行  「日本国憲法」施行   「酒類配給公団法」公布
1948 〃23 過度経済力集中排除法に基づく指定会社に再編成計画書提出。日本麦酒、朝日麦酒の新設社名を明示   KBソースを京浜地区に初出荷   横浜工場、強力消化滋養剤「キリナーゼ」製造開始 「酒類配給公団」発足
1949 〃24 大日本麦酒(株)分割、日本麦酒(株)発足。資本金1億円、社長柴田清。5支店(札幌、仙台、東京、名古屋、九州)、5工場(札幌、川口、目黒、名古屋、門司)。横浜、函館に出張所開設   新商標「ニッポンビール」発売   大日本麦酒(株)分割、朝日麦酒(株)設立(資本金1億円)、社長山本爲三郎・本店(東京)支店(東京、大阪、広島、四国、九州)工場(吾妻橋、吹田、西宮、博多)   商標「アサヒビール」復活(単色刷り) 戦後初めて職員を新規採用 酒類配給公団解散に伴い支店(横浜、名古屋、神戸、仙台、広島)、出張所(京都、高松、福岡)を復活   商標(キリンビール)を復活、 南九州(3県)と北海道を除く全国に出荷開始   ホップ戦後初輸入 酒類自由販売復活 統一商標「麦酒」から各社銘柄別商標へ(単色刷り)    ビール輸出再開許可 ビヤホール復活  
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89