時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89
西暦 元号 サッポロ
ボール
アサヒ
ビール
キリン
ビール
業界・一般
1950 〃25 特約店設定開始   名古屋工場と札幌工場、清涼飲料水設備完成   「ニッポン黒ビール」発売 特約代理店設定開始   「アサヒ黒ビール」製造再開   小倉出張所開設 特約代理店設定開始 ビールに銘柄入り王冠栓の使用開始  「衆議一決、ビールはキリン」   「黒ビール」復活発売 朝鮮戦争勃発   国税庁、ビール3社に対し原料大麦の追加割当によるビール増産を指示
1951 〃26 小倉・広島・小樽に出張所開設   小田急電鉄と「納涼ビール電車」のタイアップ開始 名古屋支店、仙台出張所開設 南九州(3県)にも出荷開始 尼崎工場最初の高速瓶詰機輸入導入 日米安全保障条約調印
1952 〃27 札幌ビール会再開   高松出張所、神戸連絡所開設   「ニッポンスタウト」「ニッポンびん詰純生ビール」(名古屋市内)発売  「リボンジュース」発売  東京支店、初の樽生ビール取り扱い講習会開催 松山出張所開設   全糖「三ツ矢サイダー」発売   「アサヒスタウト」製造再開、発売 「純糖キリンレモン」 「キリンスタウト」復活発売   ラジオ広告開始    
1953 〃28 京都・神戸連絡所を出張所に昇格   カナダドライ製品8種の受託製造開始(駐留軍用)   「ニッポンびん詰純生ビール」発売(東京都内) 「バヤリースオレンジ」京阪神地区でルートセールス開始 本店に宣伝部新設 横浜工場瓶詰ライン1列増設 テレビ本放送開始  「酒税法」全文改正
1954 〃29   酒類販売店経営研究所発足   ニッカウヰスキーの株式30万株を加賀氏ほかより譲り受ける 卸・小売り間手形取引を強行 「キリンジュース」発売  
1955 〃30 横浜出張所を支店に昇格 「濃縮リボンジュース」(オレンジ発売 仙台出張所を支店に昇格 札幌出張所開設 横浜工場第2製麦工場完、ビール瓶詰ライン1列増設 ビール3社、ビール直送制実施(東京)  ビール不足深刻化   国税庁、市場のビール不足に対し家庭用を優先販売するよう警告
1956 〃31 北海道で「サッポロビール」復活発売  「サッポロ黒ビール」「サッポロスタウト」発売 ミュンヘン醸造科学研究所長W・クレーベル博士を招聘 「キリンサイダー」復活販売  
1957 〃32 「サッポロビール」全国復活発売 特製アサヒビール「アサヒゴールド」発売 ビールラベル多色刷りに変更   創立50周年を迎える   東京工場びん詰開始   500?入りビール中びんを全国発売   テレビ広告開始  横浜工場第3製麦工場完成  麦芽戦後初の輸入(チェコスロバキア、イギリスから) 宝酒造、「タカラビール」発売(当所中びん、7月から大びん)
1958 〃33 「ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー」の広告コピー使用開始 わが国初の「缶入りアサヒビール」発売 ビール割当出荷 広島工場第2製麦工場完成 横浜工場ビール瓶詰ライン1列増設  
1959 〃34 「缶入りサッポロビール」(350?)発売  特約店ゼミナール開始(経営指導)  「酒販店陳列コンクール」実施   桟箱用びん破損防止クッション材の麦わら束をゴムバンドに切り替え開始 「缶入りバヤリース」発売 東京工場ビール瓶詰ライン1列増設 横浜工場第4製麦工場完成 皇太子ご成婚  伊勢湾台風
1960 〃35 「缶入りサッポロ黒ビール」発売   金沢駐在所開設 横浜、京都、神戸3支店開設 高松出張所を支店に昇格   東京工場ビール缶詰ライン新設、第二期拡張工事完了 尼崎工場ビール瓶詰ライン1列増設 缶ビール発売(容量350?) 「道路交通法」公布、酒気帯び運転の禁止ほか   宝酒造、缶ビール発売   協和発酵、「ラビー」発売、ビール類似発泡酒盛況
1961 〃36 大阪工場竣工   月寒ホップ園設置(北海道) 北海道で「アサヒゴールド」販売開始 尼崎工場第3製麦工場完成、ビール瓶詰ライン1列増設 名古屋工場第1製麦工場完成 横浜工場第5製麦工場完成  
1962 〃37 川口工場と名古屋工場に、第2製麦場竣工 大阪工場、第一次増設工事完了 釧路出張員詰所開設(釧路市北大通) 東京大森工場竣工   「サントリービール」を当社の特約代理店で取り扱う旨、共同声明発表 仙台工場増設工事第1期完成(第2製麦工場・製品工場)   名古屋工場第1期(新設)工事完成、瓶詰め開始 京都出張所を支店に昇格 尼崎工場ビール瓶詰めライン1列増設、第4製麦工場完成 宝酒造京都ビール工場完成   農林省・国税庁間に「ビール用原料麦に関する覚書」交換(ビール用原料麦は全量国内産で賄う方針を確認)
1963 〃38 目黒工場で第2仕込棟、札幌工場で新制麦場が竣工 朝日麦酒との合併問題表面化  「サッポロ“生”特大びん」「サッポロジャイアンツ〈シングルサイズ〉」発売 日本麦酒との合併問題表面化(3.26白紙還元)   FP方式(瞬間殺菌方式)による「びん生」「特大びん生」発売 尼崎工場ビール瓶詰めライン1列増設 広島工場ビール瓶詰ライン1列増設、第3製麦工場完成 仙台工場ビール瓶詰ライン2列増設 寿屋、サントリー(株)に社名変更   サントリー武蔵野工場完成   「サントリービール」発売   ケネディ大統領暗殺
1964 〃39 サッポロビール(株)と社名変更  新潟・静岡出張所開設    「ギネススタウト」イギリスから輸入販売(「サッポロスタウト」廃止) 大阪工場、第2次増設工事完了 「アサヒスタイニー」およびアルミトップ缶ビール発売   北海道朝日麦酒(株)設立 静岡出張所を支店に昇格   新潟出張所設置 名古屋工場ビール瓶詰ライン5列増設 高崎工場第1・第2製麦工場完成 工場・支店・特約店間の一貫パレチゼーション導入開始 大蔵省、ビールを含め酒類の基準販売価格を撤廃、自由価格へ移行   オリンピック東京大会開催
1965 〃40 「缶入りサッポロプルトップ」発売(缶切り不要)、「サッポロストライク」発売(栓抜き不要)   厚木工場竣工 屋外発酵貯酒タンク開発、西宮・吾妻橋・博多の3工場に順次設置   プルトップ缶ビール(缶切り不要)発売 東京第2支店、大阪第2支店開設 高崎工場第1期工事完成。出荷開始 名古屋工場ビール瓶詰ライン2列増設 福岡工場第1製麦工場完成  
1966 〃41 高松出張所を四国支店に昇格 札幌第2工場竣工   朝日麦酒との合併問題再燃   サッポロビール園開業 養老乃瀧チェーンへビール出荷開始(タカラビールから切り替え) 北海道朝日、ビール工場竣工(道産「アサヒビール」出荷始まる)   サッポロビールとの合併問題再燃、不成立 柏工場竣工(現アサヒビール飲料製造(株)柏工場) 福岡工場ビール瓶詰開始 横浜・川崎をプラスチック製通い箱に切り替え  
1967 〃42 ビールプラスチック製通い箱で出荷開始 高濃度ビール「サッポロファイブスター」発売 チーマン社と屋外発酵貯酒タンクの特許実施許諾契約締結 新潟出張所を支店に昇格 福岡工場ビール瓶詰ライン1列増設 高崎工場 〃 宝酒造京都ビール工場買収仮調印 東京都内をプラスチック製通い箱に切り替え サントリー、「純生ビール」発売
1968 〃43 宝酒造木崎麦酒工場買収、北関東工場と命名 「アサヒスタイニーブラック」発売   製造日入り「アサヒ本生」東京、大阪でテスト販売 福岡工場、高崎工場ともに第3期増設工事完成 京都工場(旧宝酒造京都工場)増改築工事完成,瓶詰開始  
1969 〃44 無菌濾過の「びん詰サッポロ生ビール」発売、ビール風味清涼飲料水「サッポロライト」発売 賞味期限表示「アサヒ本生」本格発売   わが国初の「ビールギフト券」発売 京都工場第2期増設工事、福岡工場第4期増設工事、高崎工場瓶詰ライン2列増設完成 バーボンウイスキー、ジン、リキュール輸入自由化   サントリー桂工場完成   米国政府&厚生省、チクロの全面使用禁止を発表  
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89