時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89
西暦 元号 サッポロ
ボール
アサヒ
ビール
キリン
ビール
業界・一般
1970 〃45 関信越支店開設。静岡出張所を支店に昇格。千葉と埼玉に営業所を設置 「男は黙ってサッポロビール」の広告コピー使用開始    大阪万国博記念缶ビール発売  千葉出張所、小倉出張所設置   「キリンビールギフト券」発売 京都工場第3期増設工事完成 取手工場完成、びん詰開始 「道路交通法」改正(飲酒運転の全面禁止)   ワイン輸入自由化   日本万国博覧会開催
1971 〃46 仙台工場竣工   「養老ビール」、「養老乃瀧」チェーンに出荷開始  新潟営業所と、金沢出張所を支店に昇格。長野・旭川に営業所開設   洋酒の販売免許取得   「エビスビール」復活発売   この頃女性によるセールスヘルパー制度導入 わが国初のアルミ缶入りビール発売 札幌出張所、支店に昇格 福岡工場第5期増設工事、仙台工場第3期増設工事、取手工場第2期増設工事完成 缶ビール自販機斡旋開始 ビールプラスチック箱全国・全品種に拡大 ウイスキーの貿易自由化   円変動相場制へ移行
1972 〃47 P箱導入によりビール箱数の換算単位変更   青森・福島・鹿児島に営業所開設 福島工場飲料工場竣工 広報部設置 取手工場第3期増設工事,東京工場第3期増設工事完成 岡山工場完成、びん詰開始   キリン・シーグラム(株)設立 カナダモルティングと麦芽長期輸入契約締結 サントリー、「ロング缶ビール」(500?)発売   日中国交回復
1973 〃48 フランス・ニコラ社とイタリア・メリーニ社からワインを輸入販売 名古屋工場竣工 取手工場第4期増設工事、岡山工場第2期増設工事完成 アルミ缶入りキリンビール発売 空き缶処理対策協会設立(スチール缶対象)   国税庁、未成年者の飲酒および飲酒運転防止のため、酒類自販機の管理規制強化をビール各社に要望   「大店法」公布   第1次オイルショック
1974 〃49 丸勝葡萄酒(株)の全株式取得   関東支店設置 滋賀工場完成、瓶詰開始 フレッシュ・ローテーション・システムのテスト実施 麦芽輸入自由化実施、関税割当制に移行
1975 〃50 丸勝葡萄酒、ワイナリー用地取得(山梨県勝沼町) 鹿児島営業所閉鎖   千歳工場完成 ビール大瓶製造年月日の表示開始 酒類自販機の23時から5時まで販売中止の自主規制開始
1976 〃51 「賀春ビール」発売   ビール広告3年ぶりに再開「ビールもいろいろありまして」   「マインブロイ」発売   小岩井乳製品(9品目)発売 K.B.B.モルティング社設立 国税庁、酒販店店頭での料飲店類似営業行為の自粛通達   ロッキード疑惑発覚
1977 〃52 「サッポロびん生(後の黒ラベル)」「サッポロワインポレール」発売 ビール中小瓶に製造年月日表示開始 福島営業所閉鎖 わが国初のアルミ製小型樽「アサヒ生ビールミニ樽」(7?)首都圏より発売 小冊子「ビール産業の寡占構造と当社の立場」発表 宝酒造、焼酎「純」発売   サントリー、北海道でビール発売
1979 〃54 京都営業所を支店に昇格、熊本営業所閉鎖 福島工場ビール工場竣工   アサヒ生ビール「ミニ樽3」(3?)関東地区で発売   静岡支店、金沢支店開設 金沢支店設置   栃木工場完成、びん詰開始  
1980 〃55 静岡工場竣工 沖縄と小樽の営業所閉鎖 「バヤリース」の商標権を取得 取手工場、福岡工場の増設工事完成 「キリンライトビール」発売 サッポロ・朝日・サントリー3社、統一規格ビールびんの共同使用方針を決定
1981 〃56 川口工場、大阪工場で増設着工 「サッポロ樽生2?」発売 アサヒ本生「マイボーイ」(300?)発売 「キリンのビヤ樽2?、・3?」発売(関東、甲信、静岡地区) ビール大麦「あまぎ二条」、ホップ「とよみどり」を品種登録 サントリー、「バドワイザー」の輸入販売開始
1982 〃57 青森と長野の営業所を閉鎖 「黒生マイボーイ」「黒生ミニ樽2」(2?)発売   新潟支店開設 売上1兆円を記録 通産省、第1回ガラスびんリサイクリング推進会議開催   サントリー、利根川ブルワリー完成
1983 〃58 アメリカ・ミラー社とミラービールの販売契約   ワンウエイ容器、全品種のバーコード表示採用   「レーベンブロイ」ライセンス生産、販売開始   アサヒ生ビール「ボトル」(アルミびん1.2?)発売 フィールドレディ制度導入   「キリン〈生〉ビール」発売 仙台第2製麦工場休止、仙台新工場完成瓶詰開始 立川出張所開設 サントリー、アメリカのアンホイザー・ブッシュ社(バドワイザー)と提携   大韓航空機、サハリン上空でソ連空軍機に撃墜される   チューハイブーム
1984 〃59 埼玉・千葉営業所を支店に昇格 岡山ワイナリー竣工 自社ブランドワイン「マイセラー」発売  「アサヒビールカクテル“ビー”ピンクレモン」発売   千葉支店、埼玉支店開設 栃木・福岡・名古屋・横浜・取手・滋賀工場の専用線を順次廃止 原料部に種苗開発担当を設置 「ハイネケン」発売 仙台工場に無人フォークリフト導入 『ビールと日本人』発行 ビール4社、統一規格プラスチックパレット導入の最終合意   オリンピック・ロサンゼルス大会開幕
1985 〃60 マーケティング部新設 ビヤステーション恵比寿開業   酒販店支援POSシステム「サッポロカルサス」斡旋販売開始   米国サッポロ、サンフランシスコ支店開業 吾妻橋工場廃止   CI導入宣言 千葉出張所を支店に昇格 尼崎と名古屋の製麦工場を閉鎖 高速空瓶全面検査機完成 「キリン生ビール 大瓶・中瓶」発売 酒販店計数管理システム「Mr,お酒屋さん」発売 「キリン特約店システム」導入斡旋開始 つくば学園都市で科学万博開催   日本航空ジャンボ機、群馬県御巣鷹山に墜落
1986 〃61 酒販店支援プログラム開発・導入 川口工場、製麦場閉鎖 神戸営業所を支店に昇格 “コクがあるのにキレがある”新「アサヒ生ビール」発売   西東京、岡山、福島支店開設    埼玉出張所を支店に昇格 千歳ビール工場完成 尼崎工場スクラップ&ビルド工事完成 「ハートランド」発売 「雇用機会均等法施行規則」公布  ソ連・チェルノブイリ原子力発電所事故発生
1987 〃62 東京箱根間往復大学駅伝競走のスポンサーに 立川営業所、西東京支店に昇格 わが国初の辛口ビール「アサヒスーパードライ」発売   山陰、松山、奈良、長野支店開設   生ビール「クアーズ」ライセンス生産、販売開始   カナダのモルソン社と提携 東京中央・西東京・北東京・八王子・千葉西・相模・旭川・立川・岡山・北九州・松山に支店開設(一部昇格) ガット理事会、ウイスキー・ブランデーの日本国内での内外商品の課税格差是正を勧告 チューハイブーム沈静化 国鉄民営化、JR各社開業
1988 〃63 CI導入を宣言   千葉工場竣工 フランス・P.フラパン&CIE社とブランデーの販売契約  酒販店支援「チャネルサポートスタッフ」研修開始 「サッポロ冬物語」発売 バス・エキスポート社(イギリス)と提携、「バス・ペールエール」の輸入発売開始   熱処理ラガービールの製造を中止   和歌山、茨城、青森、岐阜、滋賀、高知、鹿児島、熊本支店開設   東東京・南東京・奈良・東大阪・南大阪・北大阪・大阪中央・函館・長野・姫路・高知・福島に支店開設 商品官能評価チーム発足 「キリン生ビールドライ」発売 自社ブランド「キリンワインクラブ」でワイン市場参入 横浜工場リニューアル工事着工 「労働基準法」改正。法定労働時間48時間から46時間に(時短ブーム) 飲酒に関する連絡協議会、未成年者飲酒禁止の注意表示の自主基準決定 「酒類販売免許等取扱要領」改正閣議決定(いわゆる大型店免許の新設など)
1870〜89 1890〜1909 1910〜29 1930〜49 1950〜69 1970〜89