時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1600年代 1700年代 1800年代(1) 1800年代(2) 1900年代
西暦 元号 酒類・一般 信州 秋田 伏見
1871 〃4 廃藩置県

清酒、濁酒醸造鑑札札付与
東信地方の業者ら酒屋の自由開業に反対陳情す 県内各地で酒造家創業相次ぐ。明治10年までに10社  
1874 〃7 札幌麦酒醸造所設立 酒屋衆に村役人や学校建築費、官庁建築費など相次いで仰せつけられ、負担に堪えず陳情す    
1875 〃8 政府が全国に酒造組合の設立を命じる

旧幕府の諸雑税を廃止、酒類税制を定め営業税、醸造税の二本建となる
長野県工業の中において酒造業生産が製糸に次ぎ第2位に立つ   伏見酒造家集会所設置(伏見酒造組合の起源)

集会所がとりまとめた伏見酒の上酒値段6円台/石
1876 〃9 下り酒問屋に問屋鑑札付与 長野県と飛騨を除く筑摩県が合併し今日の長野県成立す    
1877 〃10 西南戦争

東京の地廻り問屋に問屋鑑札札付与(小売との区別を明らかにした)
県下の業者千数百人を越す

越後酒北信地方に入り込み、長野町では地元の生産量を遥かに上廻る入超
   
1878 〃11 醸造税1石につき、清酒1円、濁酒30銭

初めて瓶詰清酒発売される
長野県の業者ら悪酒を濫売し、他府県に比べて酒高値になっていることを大蔵省が摘発 雄勝郡川連村外四村の酒造家組合設立  
1879 〃12   県下の業者1,047人で全国中5番目に多く、生産量は174,192石で全国中8位にして零細業者多し   木村清助が維新後初めて東京へ出荷する
1880 〃13 酒造税則改正、造石税1石に付2円。酒造税制を布告、酒造免許税、酒造造石税とする。酒造業者の増税反対おこる      
1881 〃14 植木枝盛、酒屋会議開催を提唱 第2回内国博覧会に上伊三里村百瀬多治が桑酒、同郡南向村伊沢八郎が養命酒、飯田町奥邨収蔵が清酒『幾久銘』を出品す    
1882 〃15 酒屋会議。酒税減額運動を決議                    造石税1石に付4円。自家醸造は1期1石を限度とする      
1885 〃18 酒類生産者商標登録開始   鷲尾久八を兵庫県より招き先進地の酒造技術の普及指導にあたらせる  
1886 〃19 自家用清酒製造禁止 県、密造を徹底的に取り締まり営業者の保護に乗り出す    
1887 〃20   県下酒小売人2,172人、仲買人101人、卸192人あり 明治20年代に酒造家9社創業  
1889 〃22 大日本帝国憲法発布

東海道線全通

大阪麦酒(現アサヒビール)
上下高井、下水三郡の業者ら初めて連合の清酒品評会催す 雄平酒造協会設立 清酒品評会出品35者(37場)

明治21年度皆造石高(製成数量)清酒19,9971(36者・38場)
1890 〃23       京都府紀伊郡酒造業組合を設立

伏見酒不況、売上約2割減少

明治22年度皆造石高清酒16,011石(35者・37場)
1891 〃24 全国酒造家連合会(日本酒造組合連合会の前身)     明治23年度皆造石高清酒18,4641石
1893 〃26 酒精営業法公布 信越線開通し越後酒頻りに入ってくる

岩村田分署麹田宇吉『酒造家宝典』を著し、良質米を選び精白度を高めることを強調し、良酒造りのテキストとす
  明治25年度皆造石数24,274石(京都55,254石)
1894 〃27 日清戦争     東京清酒問屋宛荷物の不測の天災損害に対する損害預備金(10駄に付3銭)了承を回答

「酒造営業人心得」印刷、一部宛配布
1896 〃29 酒造税法、営業法公布、酒造税のうち免許税を廃止 この頃、酒造に2つの方向示される。ひとつは「利取り酒」で利を求め、ひとつは「名取り酒」で工芸的な銘醸方向をとるというもの 平鹿郡益田町に酒造営業組合設立  
1897 〃30 自家用濁酒を禁止=製造免許制確立   明治30年代に酒造家10社創業 伏見地区製成数量約43,000石(全国422万石)
1898 〃31 酒税法改正、造石税清酒1石に付12円

地租増徴
    明治30年皆造石数届出53場、計45,725石
1899 〃32 自家用酒税法廃止、自家用酒製造禁止 この頃、本県の移出酒2,124石に対し、移入酒8,056石で大量に移入超過    
1600年代 1700年代 1800年代(1) 1800年代(2) 1900年代