時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

インタビュー

マーケット論稿

酒の歴史

酒の文化論

日本の酒の国際化

酒器論稿

酒文化略年表

その他
酒論稿集
酒と健康
1600年代 1700年代 1800年代(1) 1800年代(2) 1900年代
西暦 元号 酒類・一般 信州 秋田 伏見
1901 〃34 麦酒税法制定

官営八幡製鉄所
     
1902 〃35   県の国税の中で酒税の占める率、地租をも遥かに超えて53%を突破す    
1903 〃36 内務省令「飲食物防腐剤取締規則」によりサルチル酸使用禁止。ただし、清酒には暫定的に使用が認められる 中野町の関申七郎、初めて酒の三色広告を出す 村木乙穿、仙北郡荒川村で清酒四季醸造法を伝授 蔵出税研究の講習会

防腐剤サリシール酸(サルチル酸)分量試験講習
1904 〃37 日露戦争

大蔵省醸造試験所設立
    秋季清酒品評会始まる
1905 〃38 大日本麦酒株式会社 この頃、販売支店を設ける酒造家続出 奥羽本線開通し輸送宣伝の便ひらける 春季清酒品評会始まる
1906 〃39   日露戦争後の非常時課税で倒産するもの多し 湯沢町「志ら菊」醸造元高橋長助が福島市に宣伝隊を出し、県外市場宣伝の先駆として注目される  
1907 〃40 清酒品評会(醸造協会主催)始まる

麒麟麦酒
  秋田県酒造組合連合会設立

第一回清酒品評会において2社が一等賞を受賞
伏見地区製成数量約48,000石
1908 〃41 麦酒税法改正(生産石数1000石以下の製造免許取り消し)

初の美人コンテスト
  秋田県清酒品評会開催

奥羽六県連合物産共進会で、秋田酒が他県を抜き多数入賞し名声を博す
 
1909 〃42 月桂冠が瓶詰工場を建設し本格生産 下伊那組合青年部を設け、丹波から杜氏を招いて良酒造りに励む。県酒造組合連合会創立され、酒造講習会を各地に催し、活発な改良運動を展開す   伏見酒造組合醸造研究所を設立
1911 〃44 全国新酒鑑評会(醸造試験場主催)始まる 中央線全通により「下り酒」と称する灘の本場酒移入量を増し、新潟からの「上り酒」も多くなり県酒挟み打ちになる。

この頃の前後からビン詰酒県下に入って来る
  第1回全国新酒鑑評会において28点中23点入賞。伏見第1位入賞
1912 〃45
(大正元)
大正と改元 県下の業者間に「銘譲地広島に遅れるな」が合言葉となる    
1913 大正2   酒造産額6,037,499となり製糸につぎ県工業生産物の先頭に立つ   杜氏講習会始まる

清酒品評会出展30点すべて入賞の栄誉
1914 〃3 第一次世界大戦 中信組合、PRのため「酒無料飲み放題大会」開催 米酒交換制が県内に普及し、これにより新規酒造業が各地に創業す

第1回奥羽連合清酒品評会開催
麹品評会(組合)。大正博覧会で伏見の出品16者、233点、入賞23点
1915 〃4   原動力を汽関に求める業者はまだ少なく南佐1、北佐1、諏訪1、上伊那4に過ぎず   第一次世界大戦により清酒防腐剤サルチル酸の輸入が途絶えたため、大蔵省監督下の三共製薬株式会社の製品を日本醸造協会を通じ、組合長名義で買い受け、組合員に配布
1916 〃5       秋季酒類品評会はコレラの流行により停止し、きき酒会に止める
1917 〃6 東京酒類仲買小売商同業組合 県は酒造専任技師2名をおき、酒造工業樹立のために本腰を入れる

県下の酒造家445戸、冬季従業員4千余人、この年、清酒生産量175,8181に対し1,690石の腐敗酒出る
  大洪水となり伏見町三分の二以上浸水したため、秋季酒類品評会を延期
1918 〃7 第一次世界大戦終結

米騒動

未成年者の飲酒禁止法
    酒造組合が伏見町に防火用ガソリンポンプ1台を寄贈
1919 〃8 理研酒(合成酒)発売

アメリカ禁酒法
諏訪地方に広島杜氏入り始める

この年信州清酒県外移出超過の悲願を達成し移出県となる
県内醸造高15万300石、史上最高をみる。秋田県内一流料亭旅館において灘酒に代わり県産酒が使用される 伏見地区製成数量10万石を越す(全国約618万石)
1921 〃10 新式焼酎発売

寿屋(現サントリー)
    渇水のため掘抜き井戸1本を新設し一般に提供
1922 〃11 未成年者飲酒禁止法公布 酒瓶の量目統一を県より警告される 第1回秋田県杜氏養成講習会開催

山内杜氏養成組合結成
 
1923 〃12 関東大震災 関東大震災起こり県酒東京進出の機会を掴む

大型酒造家現れ5千石以上のもの1社、3千石以上の5社となる
「陸羽132号」が生まれ広く県内外で酒造米として賞用される 震災地に送る玄米5,000俵の精白を京都府商工課より依嘱を受ける

関東震災義捐金を組合員に謀り、19,170円を伏見町役場を経て義捐
1924 〃13   諏訪の村上陽、東京進出を図る 花岡正庸、仙台税務監督局を退き、秋田県技師となる  
1925 〃14 ラジオ放送

普通選挙法
信州清酒生産188,528石を産して史上最高を記録、全国5位となる

世界大戦中に酒造蔵の工場化大いに進み、県内業者の4分の1が電動機を取り入れ、製糸工場に次ぐ電力使用量となる
   
1926 〃15
(昭和元)
昭和と改元

金融恐慌
1工場当たり平均生産量は、明治40年代には330石なりしもの470石となり企業規模の拡大化進む   組合及び譲友会有志業界視察、灘、広島の醸造場及び呉の四季醸造場(三宅本店)

工場法による酒造工場の蔵人健康診断(組合)受診1,328名

伏見酒造組合の海外輸出高398石に達する(全移出高104,000石)
1600年代 1700年代 1800年代(1) 1800年代(2) 1900年代