時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

「天の美禄」を止めますか?

大人の文化と酒の飲み方

ワンカップはどう生まれ、どこへ行くのか?

「酒を混ぜる文化」考

諏訪杜氏の特質と「出稼ぎ」労働力輩出の背景

日本の蒸留酒の未来(上)

日本の蒸留酒の未来(下)

酒を交ぜる 酒を寝かす

大地の精霊とワイン

文明化の一極として
  ある文化の酒


「乾杯」越境した酒作法
酒論稿集
酒の文化論
日本の蒸留酒の未来(上)
常圧の魅力を生かす混和の方向
鮫島 これからの方向としては、いかに常圧蒸留のよさを生かしていくかというのがひとつの方向で、だから麦焼酎も常圧を使っていますよと宣伝に使いはじめているわけですよ。そういうものを出していかないと、焼酎らしさが消えていく。その意味でウイスキーの常圧蒸留は非常に学ぶべきものがあります。
 どちらかというと、常圧のほうが味がいいのはわかっていて、香りの面で減圧に走ってきた。いまは、軽くなりすぎて味がほしいなということで常圧が見直されつつある。しかし常圧の使い方というのが、まだ技術的に中途半端というところもありますね。まだ開発の可能性がある。
 芋焼酎の場合は鹿児島という大きな地盤があって、あの香り、味こそ芋焼酎というしっかりしたスタンスがあるわけです。だから、常圧でやってこられた。そのなかで軽いものもできはじめていますが、市場は減圧には変わらない。これこそがということで、逆にいま評価されつつある。米とか麦とかもなんとかそういうのができないかと。ただ米や麦は常圧で認知されている地域が少ないわけです。壱岐の麦焼酎が少しあるくらいで。
 また復活ということで、ちょっと変わったかたちでこれから出てくることはあると思います。それこそ甲乙混和じゃないけれど、減圧常圧のブレンド、そういうものは大いに出てくる可能性はあります。
−減圧常圧の同一原材料のブレンドというのは相性もよさそうですし、味の幅を広げていくにも有効ですね。やはり、違う原材料を混ぜるのはいまのところはありませんか。
鮫島 麦と米のブレンドはあまりないです。米麹の麦焼酎はあっても、麦麹の米焼酎はあまりないし、芋焼酎とかを混ぜるというのもあまりありません。まったくないわけではありませんが。
稲富 味や香りの面でどれくらいの効果があるかですよね。メッセージの面では極めて複雑になりますし、消費者にわかりづらい。実際に、ブレンドによる価値がかなり大きく出ないと意味がない。

ウイスキーの主流はブレンデッド
−ウイスキーの場合は、もともとのモルトの単体の味ではなく、ブレンドによってトータルで作り上げたものの価値が大切なのですね。
稲富 全体のね。でも、飲みやすいとか香味のバランスがよいというだけでなく、個々のブレンドの特徴は必要です。シングルに比べて丸くなっていても非個性的というわけではなく、香味にはっきりした主張があるべきでしょう。しかしトータルとしてブレンドには元の素材のアンブレンデッドとは全く違うよさがあります。
 だから、世界のウイスキーの八〇%以上はブレンデッドです。ブレンドしていないウイスキーで量販されているのは、スコッチのシングルモルトとバーボン。それ以外は全部ブレンドだと思っていただいていいと思います。
鮫島 たしかにシングルモルトはおいしいのだけれど、毎日だといやになりますよ。存在感というか主張が強すぎて。

酒の社会性が問われる時代の蒸留酒
−これからの一〇年くらいを見据えて、それぞれウイスキーとか焼酎はどのような飲まれ方が増えていくというふうに考えていらっしゃいますか。
鮫島 ひとつは酒の社会性みたいなものが非常に問われる時代になってくるだろうと思っています。
 いま、いろいろな場面で健康、健康と言われています。一方でたいへんなストレス社会になっている。そのなかで、酒は健康を損なう可能性もあるけど、飲まずにいられないような環境もある。そうなると、造り手も社会性を常に意識しておかないといけないだろう。その動きはすでに始まっているわけですよね。
 おそらく今後、低アルコール化がますます進んでいくだろうという気がします。焼酎は割合自由にアルコール度数を変えられる優れた特性を持っているわけですが、もうひとつはいろんな機能性を前向きに考えた酒というのもあっていいのではないでしょうか。
 中国の蒸留酒である白酒は、非常に強いですよね。ところが、その白酒に薬草などを漬け込んで人の健康に役立てるという発想は、中国がいちばん進んでいるわけです。それがなぜなのかと中国の人に聞いたところ、発想は道教からきた。儒教や仏教は、お酒は人間を堕落させると教えますが、道教では、お酒は人間を大自然に帰してくれると考える。お酒を前向きに考える立場からでないと、薬酒のような発想は生まれてこない。そういう発想がもっと出てきていいと思うんですね。

<<前頁へ      次頁へ>>