時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

「天の美禄」を止めますか?

大人の文化と酒の飲み方

ワンカップはどう生まれ、どこへ行くのか?

「酒を混ぜる文化」考

諏訪杜氏の特質と「出稼ぎ」労働力輩出の背景

日本の蒸留酒の未来(上)

日本の蒸留酒の未来(下)

酒を交ぜる 酒を寝かす

大地の精霊とワイン

文明化の一極として
  ある文化の酒


「乾杯」越境した酒作法
酒論稿集
酒の文化論
「酒を混ぜる文化」考
「チュウハイ」と「チューハイ」
 一九八〇年代前半からのチューハイブームを分水嶺のようにして、ふたつのタイプの「チューハイ」が生まれた。
 第一のタイプの「チューハイ」を「チュウハイ」と表現したい。酒飢饉といわれた戦後一〇年間に、焼酎は酔いを求める人びとに広く飲まれた。当時は焼酎の飲みにくさを和らげ、味のバランスをとるために、梅エキスや葡萄エキスで焼酎を割る「梅割り」や「葡萄割り」が飲まれた。さらにホッピーで割る飲み方も親しまれた。当時焼酎は「チュウ」とも呼んでいたので、このタイプを「チュウハイ」と呼ぶことにする。終戦直後の焼酎の系譜をひく存在であり、現代の「チューハイ」とは明らかに区別されるものである。
 当時のチュウハイは「割られていた」といっても、「酔いたい」という飲み手の熱情からアルコール度数はあまり下がっていなかったことをここに付け加える。あくまでも「酒」であったのである。
 チュウハイは甲類焼酎のハイボール、すなわち炭酸割りを指し、五〇年代後半に炭酸水が流通されてから、大衆酒場などでメニュー化が進んだと考えられる。そこにはウイスキー・ハイボールの流行の影響が推測される。しかしながら、七四年の宝酒造(株)の飲酒スタイル調査では、焼酎をストレートで飲んでいるユーザーが半数を超えており、「チュウハイ」の市場定着はいましばらくの時間が必要であった。
 五〇年代半ばに甲類焼酎は第一回目の消費のピークを迎える。しかし酒飢饉のなかでの当時の「焼酎」の飲み手たちは食糧供給が安定し、本格的に高度経済成長がはじまり、経済的に豊かになってくると、日本酒、ビール、ウイスキーを主体とした飲酒スタイルへと移行していった。焼酎を戦後の暗いイメージと重ね合わせて飲む人びとは、「チュウ」を飲ませる大衆酒場から徐々に離れていったのではないか。
 しかし現在でも梅割り、葡萄割り、そしてチュウハイを主力に飲ませる大衆酒場は健在である。それは、東京の荒川区、江東区、葛飾区、台東区をはじめとした首都圏のさまざまな飲み屋街でチュウハイが地域社会に溶け込み、地元の飲み手の毎日気軽に楽しめる酒となっている証である。
 第二のタイプの「チューハイ」は、チェーン展開された居酒屋を中心にディスペンサーによって手軽にしかも大量にできるチューハイを指し、それらはビール感覚で若者や女性に消費されていった。そして多様なフレーバーの炭酸飲料やジュースとミックスすることによって、チューハイメニューは広がり、女性にとって入門酒的な役割を果たすことになる。そして居酒屋ブームを象徴する飲みものとして、その存在感を高めていった。
 さらに壜入り、缶入り製品の流通によって、家庭市場を席巻し、新しい飲酒スタイルとして広く定着した。市場をリードした、缶入り「チューハイ」すなわち宝酒造(株)のCANチューハイの登場時のキャッチフレーズは「ヘルシー、セクシー、エコノミー」と表現され、女性たちが手軽にしかも健康的に飲むスタイルが、その時代の雰囲気を表していたことを示している。同時にその時代は本格的な女性の飲酒参加がはじまった時期でもあった。この第二のチューハイこそが、現在の「チューハイ」の主流をなしているものと言える。

ソフトドリンクとしての「チューハイ」
 「チューハイ」と「チュウハイ」の違いは、それが酒として十分意識されて飲まれているか否かである。
 「チューハイ」はブーム以降、果汁感のあるもの、お茶割りのもの、カクテル要素を加えたものなどフレーバーが多様化し、さまざまな方向でラインアップの拡大が図られた。そしてこの組み合わせの自由自在さが、チューハイの特徴であり、魅力でもあった。
 そして、「チューハイ」には簡単なレシピが決っており、それらはディスペンサーで大量に供給されているがゆえに、その低アルコールの爽やかな味わいが、誰がどこでつくっても、万人向けの一定の味わいであることもまた特徴であった。
 一方でチューハイの低アルコール化もさらに進行した。チューハイは、そのイメージのポジショニングをアルコールが「酔い」を意識させる酒というよりは、ソフトドリンク的な清涼感のある酒へと変化していったのである。
 八四年に発売の宝酒造(株)のCANチューハイの味わいが、現在の多くのカンチューハイと比較して比較的タフなアルコール飲料であるという印象を受けるとき、低アルコール化の流れの早さを感じずにはいられない。

ライブ感あふれる酒場の「チュウハイ」
 酒としての存在感が大衆酒場のチュウハイにはある。そして、各酒場に独自のレシピが存在する。つまり、そこにはお店とお客がつくりあげてきた味わいが存在している。炭酸の配合ぐあい、氷の入れ方、レモンの扱い方などさまざまな組み合わせが考えられ、その組み合わせが酒場の個性となるのである。
 例えばレモンの場合では、スライスを加える、半切りレモンの絞り汁を加える、あるいはレモン果汁とレモンコンクのブレンドを加えるなど、酒場それぞれのさまざまな試みが見られる。これは、企業秘密ともいえるものだ。
 甲類焼酎には個性がないと思われがちである。しかしピュアでスッキリとした味わいの甲類焼酎がベースであるからこそ、お客さんとコミュニケーションしながらつくり手の発想ひとつで、自由自在にオリジナルドリンクとしてのチュウハイを提供できるのである。
 そしてチューハイをつくるライブ感はさらなる魅力となる。チュウハイが、お客の前で見事な手さばきでつくられていくという、その酒場でしか感じることができないこと、すなわち「そこにしかないもの」は、その店のファンづくりに大きな力になるにちがいない。
 このチュウハイの持つ魅力はバーにおける「カクテル」の存在と類似性がある。カクテルの魅力はそのネーミングか物語、そしてそのバーの雰囲気のみならず、やはりカウンターごしに飲み手とバーテンダーが対峙するかたちでの、ひとつのMIXED DRINKをつくりあげていく、そのバーでしか味わえないライブ感や緊張感、そしてその手づくり感にあると思われるからである。レシピは決まっているが、その日の飲み手の体調や天候を配慮して、ベースになる酒やリキュールなどの量を加減するという融通無碍さかげんも魅力のひとつであり、MIXED DRINKの醍醐味ともいえるものではないか。

<<前頁へ      次頁へ>>