時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

20世紀の酒文化

中世人と酒

貧乏徳利にみる江戸市中の酒

菅江真澄の記録にみる「酒」

近代日本における禁酒運動と柳田飲酒論

宮水の沿革(1)

宮水の沿革(2)

江戸の地下式麹室

地下三尺に眠る江戸の酒瓶

明治・大正・昭和の清酒酒造業の技術導入 略年表

明治中期以降における酒造技術の平準化と 産地間競争の激化

北関東地方における清酒製造業の形成過程

合成清酒の物語

お雇い外国人の
 醸した不思議な酒


堺の酒小史

北関東地方における
 清酒製造業の形成過程


江戸時代における
 知多半島の醸造業の
 展開とその背景

酒論稿集
酒の文化論
堺の酒小史
ところで、そのリーダーシップを握っていたのは、中世自治都市・堺の伝統を脈々と受けついでいた大酒造家たちであった。
明治一六年、川崎源太郎により出版された『住吉、堺名所并に豪商案内記』には、当時の堺を代表する豪商百数十人のリストとその 店舗図が収められている。そのうち最大の豪商群は酒造家であり、四三の清酒醸造所が掲載されている。しかもその銘酒の種類は八九 にのぼる。因みに明治二〇年代において、酒造高の多い銘酒ベスト・テンをあげると、一位澤亀(宅徳平)以下つぎのようになっている。

薫賞(堺酒造株式会社)、キ(宅常三郎)、金露(大塚和三郎)、菊泉(大塚三郎兵衛)、春駒(鳥井駒吉)、若翠(宅徳平柳 之町支店)、菊寿(柴谷古満)、志ら菊盛(肥塚与八郎)、千秋(柴谷武次郎)


  いずれにしても、清酒製造は何といっても、堺の産業の中で生産高において断然突出した地位を占めていたのである。それどころか、 いまでは誰も信じないけれども、名にしおう関西の酒造業のなかでも、堺は灘に匹敵するほどの名声を得ていたのである。例えば当時 大阪で発行されていたタブロイド型の経済誌『商業資料』がある。その明治二八年六月一〇日号(第二巻第四号)には、堺の酒につい てつぎのように記されている。
 「日本の酒産地中に於て、堺は即ち小灘と称せられる。蓋しその造石高の上より、又其酒造歴史の上より、灘に一歩を譲らざるを得 ざるものありと雖も、蓋し或る点に於ては確かに之と抵抗するを得るのみならず、現に灘の造酒たる多くは堺酒商の為に、自由にせら れんとするの傾きありて、堺酒の名声は今や将さに大いに発揚されんとするものあり」と因みに、同『商業資料』によれば明治二七年 当時の堺酒造業の営業者は四四人、会社四会社、造石高、六万三一七一石五斗八升八合であった。

海外市場へ進出した堺の酒
 政府は明治一七年一一月同業組合準則を定め、府県に頒布して同業組合の結成を奨励した。これを受け、堺に酒造組合が設置された のが、翌一八年から一九年にかけてであり、初代の組合長に選ばれたのが、鳥井駒吉であった。
 酒造組合は鳥井駒吉を中心に酒造改良のため、つぎつぎと革新的な事業を企画し、これを実行に移していった。
 まず明治一九年、鳥井駒吉、宅徳平、宅常三郎、石割七左衛門の四名が首唱者となって、堺酒造改良試験所を設置したことである。この試験所は原料の米、水、麹を科学的に分析 し、また酒の貯蔵技術の開発を目的とするもので、併せて同業者有志の子弟に新技術を伝授せんとするものであった。この試験所は好 成績をあげていることを伝え聞き、全国各地から見学者が多数訪れるありさまであった。
 第二の新事業は、明治二〇年鳥井駒吉ら七名が中心になって、神明町に共同醸造場を設けたことである。その目的は共同事業によっ てコスト削減をはかり、良質の酒を醸出するためであった。なお同醸造場は明治二一年株式組織に改められ堺酒造株式会社となった。
 第三の新事業として、堺酒造組合は明治二三年組合機関誌として『堺酒造月報』の刊行を始めたことである。毎号約九頁が原則であ るが、特別号には三十頁に及ぶものもある。この機関誌『堺酒造月報』は堺市立中央図書館に所蔵されているが、同業組合の機関誌が 現存していることは全国的にみてもそんなに多くないのではないかと思う。同業組合はやがて重要輸出品同業組合とか産業組合に法的 整備とともに変化してゆくのであるが、輸出伸長による外貨の獲得が経済政策上の大きな課題になってゆく。このことは『堺酒造月報』 に早くから反映していて、清酒の海外への輸出振興に呼応して、毎号輸出統計が掲載されている。清酒の海外輸出に先鞭をつけたのも 鳥井駒吉であった。

<<前頁へ      次頁へ>>