時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

20世紀の酒文化

中世人と酒

貧乏徳利にみる江戸市中の酒

菅江真澄の記録にみる「酒」

近代日本における禁酒運動と柳田飲酒論

宮水の沿革(1)

宮水の沿革(2)

江戸の地下式麹室

地下三尺に眠る江戸の酒瓶

明治・大正・昭和の清酒酒造業の技術導入 略年表

明治中期以降における酒造技術の平準化と 産地間競争の激化

北関東地方における清酒製造業の形成過程

合成清酒の物語

お雇い外国人の
 醸した不思議な酒


堺の酒小史

北関東地方における
 清酒製造業の形成過程


江戸時代における
 知多半島の醸造業の
 展開とその背景

酒論稿集
酒の文化論
宮水の沿革
天保年代の酒造り事情
 まず、天保8年、11年という、宮水の効用が認められた時代はどんな時であったかを考えてみよう。
 天明の飢饉の後、寛政の改革を経て、文化・文政の比較的安定した時を過ごし、特に文化3年の酒造勝手造り令は灘の在方(上灘三郷・下灘郷・今津郷)を元気づけた。が、天保4年から7年まで続いた天保の飢饉が全国的に被っていた。
 酒造株での石数は醸造量の石数ではなく、酒造に使用する米の石数をいう。当時は「米遣い経済」であったことを意味する。それ故、これらの飢饉の度に出された「減醸令」は酒を造るための米使用を制限することであるが、酒を市場に供給することを制限するものではなかった。
 飢饉の度に、酒の仕込みの際での汲水(仕込みの際の水の総量)が増えていった。総米(もと米・麹米・掛米を合わせた総量)一石に対して汲水が六斗であったものが(それを「六水」と呼ぶ)、総米一石に対して汲水一石まで増えていった(それを「十水」と呼ぶ)。この汲水の増加は、勿論酒質にも大きな変化をもたらした。
 天保9年(1838)に七六歳であり、河内国丹南郡辺り(現、大阪府松原市辺り)を扶持されていた高木主水正(一万石)の留守居であった岡田助方(俳号・羽澤)の『羽澤随筆』に「三四十年前には、酒を嗜む者、味厚く濃き酒を賞美せし也、されば諺にも、膏のやうなる酒といひしも、今は淡薄にして軽く、辛き酒を好む人多し、当時の酒と、今の酒とは、醸法もことなりといふ」とあるように、辛口の酒に変わっていった。この様な時、宮水の優秀性を知ったのである。
 知ってから10年程経った嘉永年間(1848〜54)には、「改西宮水製」「以宮水製之」等の文字を『焼印雛形帳』(西宮中央図書館架蔵)の中に見つける事ができる。それは江戸送りの所謂「下り酒屋」の菰被りに押す焼印の注文控えの帳面であるが、そこには御影郷・西郷等は勿論のこと、遠くは尾州の酒屋にまで及んでいる。
 宮水での酒造がキャッチコピーとして成り得た故に焼印の注文があったのであろう。この事は、宮水で造られた酒の優秀性を江戸の人々が認めていたことを意味している。宮水は船でもって各地に運ばれた。その扱う業者は「水屋」と呼ばれていた。水屋は明治末には10軒を数えることができる。

宮水は島々の人によって運ばれた
 灘の酒造に従事する人は丹波であり、精米に従事する人は播州が有名であるが、この宮水に従事する人々は違っていた。井戸から汲み出し、水樽に詰めるのは淡路島からの人々であった。船に水樽を積み込み、船を運航する役は瀬戸内の島の人々であった。特に響灘の伊吹島(香川県)の人達が主流を占めていた。島の人々は半農半漁での生活であった。船を操ることには慣れていたし、潅漑の為の水を島の上まで運ぶ作業に従事していた。その様な生活は水樽を船で運ぶ作業に適していたのであろう。この船は水船と呼ばれた。
 水樽は二斗樽とされているし、現在残されているそれも二斗樽である。が、後述する文献では、一斗二升入りになっている。残っている二斗樽の場合、その側板は酒樽・四斗樽の側板と同じ寸法の物である。樽丸で入ってきた側板の内、酒の樽材として質の落ちる物を水樽に転用させたのであろう。
 水樽は酒造業者が用意し、水船は水屋が用意した。宮水は酒造蔵では水桶に蓄えられ、二昼夜程置かれてから使用された。外気と同じ水温まで下げられて使われた。
 宮水は大八車などで井戸場から港まで運ばれて、各地に船で搬出された。水が零れて道が泥濘、大変難渋であった。そこで、石をレール状に敷設した。これを西宮では板石道と呼んだ。その石は豊島(香川県)の石であった。『日本山海名産図会』(木村兼葭堂序・蔀関月画・寛政11年刊)の第二巻に台所の流し・石臼等の細工用に適した石と紹介されているように、豊島石は軟らかい性質を持っているので、京都の山科等での車石と違って轍は人工的に掘られていない。現在残されている板石道の石には自然にできた轍の痕跡がある。
 宮水について『灘酒沿革誌』(神戸税務監督署編 明治三九年刊)に次のような記載がある。
「所謂醸造ニ宜シキモノ西宮ニ到ル所、然ルニアラス其ノ湧出の区域ハ海岸ヲ距ル遠カラサル所、僅カニ二三町ニ過キス乃チ一書ニ酒造専用水のある所は其延長三四丁に及ぶも其地幅僅々一町足らずの間にあり、思ふに或る一種の水脈と海水塩分の相接する地点に於いてこの特性用水を産するものなるべし(ママ)」と。

<<前頁へ      次頁へ>>