時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

食と酒におけるイタリーメイドの世界戦略

女性は酒をどう選ぶ

「とりあえずビール」衰退の背景

一〇年後の酒市場 何が増えて何が減る

オープン価格化で
  あなたの仕事はどう変わる?


デフレ時代の
  ハイクラス活性化戦略


本格焼酎の産地呼称
  を考える


機能分化する酒類販売

広告規制と酒類
  マーケティングの将来


酒造メーカーと農業
 の新たな提携条件


灘五郷の伝統と革新
酒論稿集
酒と健康
女性は酒をどう選ぶ
35歳 結婚4年目の主婦
『旬なビール』が好き
夫の転勤を機に社内結婚をして、大阪から千葉市へ移転。いまは以前勤務していたところの関連会社で、週4日アルバイトをしている。
 先週の日曜日、私の友達(女性)3人が家に遊びに来たので、お好み焼きのホームパーティをしました。だから、その前の土曜日に夫と車で、「カルフール」に買い出しに行った。私が奈良で夫は3重県出身だから、お好み焼きは大好きで、たこ焼き器も持ってます。
 ビールは、アサヒの「スーパードライ」の350ml缶を1ケースとメキシコのビールの「コロナ」を6本。「スーパードライ」にしたのは、別に初めから決めていたわけではない。お好み焼きはこってり派だから、お酒はスッキリ派にしたいと思ったから。
 「コロナ」を買ったのはホームパーティ用。ちょっとおしゃれにしたかったの。昔、テレビのトレンディドラマのなかで、ライムを搾って飲んでいたシーンがあって、流行ったでしょ。ほかの洋モノは缶ばかりだから、パーティ用にこじゃれたビールがほしかったの。
 ワインは赤と白を各1本。食事の前に飲むつもりで買った。ラベルとか札(プライスカード)に「甘口」「すっきり」とかが書いてあって、値段が1500円前後のやつ。いつもそうやって決める。ブランドとかはわからない。だから、もちろん当たり外れはあるわね。その時買ったのは、白ワインはブルーのラベルに猫の絵が描いてあるもの。赤ワインはどんなものだったか覚えていない。
 「カルフール」には週末、車で行くことが多い。品揃えが豊富だし、お酒以外も何でも買えるし駐車場が広いからね。そのほか、近所のスーパーの横にある安売りの酒屋(酒量販店)にもよく行きます。スーパーで買物してから、ついでにそこでお酒を買うっていう感じです。
 家でビールを飲むのは、夕食のお茶代わりみたいなもの。別に好きというわけでもない。夫が仕事ですごく遅くなる以外は、夕食時に必ず2人で350ml缶を各2本飲んでます。ビールにするか発泡酒にするかはいろいろで、特に決まっていない。発泡酒は「アサヒ本生」の赤いやつに決めているの。あの味が気に入っている。でも、ビールは決まっていない。うちは期間限定モノが好きなの。ふたりとも新しモノ好きで、いろんな味を味わってみたい。『旬なビール』が好きなのよ。それがない時は、「スーパードライ」が多い。ビールを買う時は1ケース単位が多いけど、旬のものは6本ワンパックのものを買う。

店のお奨め品を買う
 ワインは、家に必ず赤・白1本ずつは置いてある。平日、飲みたい時に飲むから、きらさないようにしている。だから結局、週末には買っていることになるのかしら。DSで、甘口、スッキリの1500円前後のものを買う。ブランドは関係ない。お店にお奨めの札が出ているものを買う。「ビーフシチューに合います」とか書いてあったら、料理が決まっている場合はそれに合うものを買う。
 それから、うちがよく行くDSでは店員さんがいて、「どんなものをお探しですか?」って聞いてくれて、「甘いのがいい」と言うと「これがいいですよ」とアドバイスしてくれるの。あとはスパークリングワインも好き。炭酸が入っていて口当たりがよくて、飲みやすいから。
 お酒をきらしている時はコンビニに買いに行く。徒歩5分ぐらいの所に「スリーエフ」があってお酒を売っている。その時の気分でビールか発泡酒を買う。
 日本酒も好きです。飲み会でお腹がいっぱいの時に、日本酒好きの友達から冷酒を奨められて飲んだら、さっぱりしていておいしかった。夏、風呂上りに冷酒を飲みます。毎晩じゃないですよ、週1回くらい。風呂上りで暑いから、冷酒の冷たいのをぐい呑みグラスでチョビチョビ飲んでいると、火照りが冷める。ビールは、夕食時にお茶代わりに飲むから、風呂上りには飲まない。
 冷酒もDSに行った時に、店のお奨め品を買います。週末ごとに小瓶を2本買う。何本も買うと重いでしょ。
 お正月はちょっといいお酒を1升瓶で買う。「久保田」とか、有名なものを買い、お燗して飲みます。値段はあまり気にしない。お奨めの札がついているものや、DSの店員に奨められて買うことが多い。夫が甘いのが好きだから、甘口を選んでもらう。
 焼酎は家では飲まない。外では飲みますよ。チューハイや水割りで。私は一緒に飲みに行った人に合わせて何でも飲むんです。でも中国酒だけは飲まない。あれはまずい。ウイスキーも外では飲むが、家では買わない。

トレンディドラマのシチュエーションを真似て飲む

 独身時代は1人住まいだったから、部屋に友達が集まってブランデーをよく飲んでました。ブランデーが好きだった。あの頃は海外旅行のお土産にブランデーをよく買ってきてました。でも、ワインが流行りだしたらワインに変わってしまった。
 女性週刊誌や、テレビのトレンディドラマのシチュエーションなどを見て、いいなあと思って真似するの。ワインが体にいいという記事やワインブームのことを読むと、飲んでみるのが多い気がする。
 お酒のテレビCMは、ビール、発泡酒、日本酒、焼酎しかやっていないでしょ。CMには左右されない。「呑」のCMを見ても、買う気にはならないもの。
 それから、結婚してから梅酒を作るようになりました。実家も作っていました。梅酒は体によさそうだし、甘いのが好きだから。スーパーで梅を買うとその横にホワイトリカーが置いてあるでしょ。それを買う。横に陳列してあるというのは、絶対便利よね。

<<前頁へ      次頁へ>>