時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<論稿集トップへ

食と酒におけるイタリーメイドの世界戦略

女性は酒をどう選ぶ

「とりあえずビール」衰退の背景

一〇年後の酒市場 何が増えて何が減る

オープン価格化で
  あなたの仕事はどう変わる?


デフレ時代の
  ハイクラス活性化戦略


本格焼酎の産地呼称
  を考える


機能分化する酒類販売

広告規制と酒類
  マーケティングの将来


酒造メーカーと農業
 の新たな提携条件


灘五郷の伝統と革新
酒論稿集
酒と健康
女性は酒をどう選ぶ
51歳 夫の会社で共に働く
即売会や訪販でワインを買う
品川区田町のマンションの1室が夫のオフィスで共に働く。自宅は鎌倉にあるので、平日は田町のオフィス兼マンションに泊まってしまうことが多い。
 この頃はお酒をあまり飲まなくなったわね。年をとったせいかしら。この何年かはワインが多くなりました。ワインになったのは、息子がソムリエの勉強をしていたことがあるから、その影響が大きいのかもしれない。もちろん、趣味でやっていたのよ。その時、珍しいワインを持ってきてくれたりしたからワインが好きになった。それ、5、6年前の世間の風潮もあったでしょ。ワインに含まれているポリフェノールが体にいいとか脳卒中の予防になるとかを、テレビでレポートされていたのを見ていたから。
 会社が会員になっているプレスクラブで年4回くらいワインの即売会をするので、そこで買ってくることもあります。私も行ったことがありますが、ほとんどは夫が1000円前後のものを1ケースくらい買って送ってもらいます。
 1週間前に、会社を訪問販売している「ピーロートジャパン」の女性販売員が来ました。女性がドイツワインを中心に10本くらい持ってきて、その場で試飲させてくれ、気に入れば後で宅配してくれるようになっている。私は、赤で口当たりのいいもの、甘口ではないしっかりした味が好きです。試飲して、何も買わないのも悪いから「ピノー・デ・シャラント」を買いました。それはブランデーに葡萄果汁を入れたもので、アルコール度数が5〜6度。珍しいから、定価3000円のものを2000円で3本買いました。ほんとはその12年ものがおいしかったんだけど、高くて買えなかった。
 この頃は、ワイングラスで2杯、夕食の時に飲んでいます。
 オフィス兼仮住まいでもある田町のマンションの1階にコンビニがあるので、飲みたい時はそこで発泡酒を買います。以前は「アサヒ本生」や「キリン淡麗」を買っていましたが、いまはカロリーオフの「キリン淡麗グリーンラベル」を買っています。やっぱりダイエットを考えているからね。「グリーンラベル」はテレビのCMを見て知りました。これなら飲んでも平気かなって。でも気休めだと思う。前、「アサヒ本生」を飲んでいたのは、「スーパードライ」が好きだったからです。ビールはほとんど買いません。いただきものがまだ残っているほどです。
 このコンビニで「アーリータイムス」の小瓶を買うことがあります。もともとウイスキーが好きで、独身の時は外で「カナディアンクラブ」をよく飲んでいました。

何を飲むかは食べ物による
 以前は夫の友人が毎年、釣りに行った時の戦利品を持ってきてくれていたので日本酒を用意して待っていましたが、ここ何年かは来ないので、日本酒を飲む機会がありません。夫がお酒が好きなので日本酒もいただきものが多いですが、あまり飲んでいません。
 何のお酒を飲むかはその日の気分です。食べ物によります。夫が料理好きなので、いろいろ作ってくれるから助かります。仕事が忙しいですが気分転換になるらしく、鎌倉の家ではいつも楽しんでやっています。
 焼酎は「いいちこ」を近所の酒屋で買ったことがありますが、ほんとにたまですね。鎌倉の家にいる時はお酒屋さんにはほとんど行かないですね。

<<前頁へ      次頁へ>>