時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

酒飲みのミカタ

マンスリーアンケート
 ・さけ放談


過去に実施した調査レポート

その他機関オープンデータ
酒のデータボックス
マンスリーアンケート さけ放談
休肝日の意味は御存じですか?

アンケートの詳細
テーマ 「休肝日の意味は御存じですか? 」

 12月に入り、忘年会シーズン到来です。ついふだんより飲みすぎて明日は休肝日にしようなどと考える方も多いのではないでしょうか。ところで、この休肝日の効果を正しく知っていますか?言葉の通りに、たまには肝臓に休息を与えることに本意があるわけではありません。あくまで過剰飲酒を抑制するために生まれた言葉です。その根拠は厚生省の調査による日本酒換算で一週間に20合以上(平均2.8合/日)で飲んでいる人は、飲まない人よりも死亡リスクが1.8倍高くなるということです(ちなみに一週間で10合程度以下の場合には、非飲酒者よりも心筋梗塞等のリスクは低くなります)。だから毎日たくさん飲む人に一回の飲む量をセーブさせるのは難しいので、せめて「休肝日」(飲まない日)を設けて1週間合計での飲酒量を減らそうという目的です。また、連続二日の休肝日も提唱されていますが、こちらには習慣性のアルコール依存症予防も加わります。48時間あると摂取したアルコールが肝臓でほぼ全部分解できるので、依存症があれば禁断症状を自覚できるからです。
 休肝日を実践することには、このような意味もあるということをみなさんは御存じでしたか?
締切日 2012年12月11日(火)
(予定人数に達した場合には締切前でも終了することがございます)
賞品  回答者の中から、2名様にSFJ燗酒酒コンテスト2012で金賞を受賞した日本酒(720ml)を差し上げます。

スローフードジャパン燗酒コンテスト2012について

なお、このアンケートの回答資格は20才以上で月に一回以上はお酒を飲まれる方とさせていただきます。

※当選された方には、12月中旬にメールでご連絡いたします。





ご登録される方はこちらへメールアドレスをご記入ください。毎月10日にマグマグよりお届けします