時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

日本と海外の酒めぐり
中欧「酒と水」紀行
中欧「酒と水」紀行3 ハンガリー1  
トカイ
 アガルトをでて、高速道路を一路トカイへと向かう。今日最後の取材先「マヨロシ社」に着いたのは午後七時をまわっていた。このワイン工場は若い二人の経営者によって作られた比較的新しい会社で、それだけにワインについて語る彼らには熱気が感じられる。アスー(貴腐ワイン(4))を含め20種ほどのワインをテイスティングした。テイスティングの方法は樽からロヴォーで直接吸い出して試飲したり、瓶を並べて試飲したりする。何れもワイングラスに注ぎ、先ずグラスを回し香りを確かめ、口に含み味わってから壺に吐き出す。残ったグラスの中身も別の壺に捨てるこれを繰り返すのだが、飲まなくても20種類も試飲すると結構いい気持ちになった。ワインを捨てる壺を「ドブチェクの壺」というこれは共産圏時代ロシアのドブチェクという将校がワイン工場を訪ね「ワインを飲ませろ」と言って来たときの話が伝わったブラックユーモアだ。試飲をしていた工場主がしぶしぶ地下にワインを取りに行き、戻ってみるとこの将校が壺のワインを飲んでいた。いい気持ちのドブチェクさんが言ったそうだ。「ハンガリーワインはうまい」と、それ以来この壺は「ドブチェクの壺」と言われている。
 トカイは大小400の火山(死火山)があり、そのことにより土質が多様である。ということは葡萄を作る畑の土により、味も変わることを意味する。ワイン工場は試行錯誤を重ね、土にマッチした葡萄品種を選び、またそれを改良する努力をしている。工場により味が違うのもそのためであろう。今日訪ねるセプシィさんの工場もその研究をしている。いろいろな種類の石がおかれていたので、その石に適した葡萄の種類を一覧表に作る提案をしたら非常に喜ばれた。簡単に作って写真に収めてきたのがこの頁に掲載した写真である。セプシィさんは貴腐ワイン造りの大御所で、彼の葡萄畑はキライウッドヴァー(王様の庭)とよばれ、多様な土質を持っている。火山台地に名水ありとはここでも通用するようで、この斜面に降った雨は葡萄畑に適度な水分を与え、地下にしみ込み、下の窪地でミネラル分の多い水が少しずつ湧き出す。彼によるとハンガリーのワインは共産圏時代に最悪の物
を造るようになったという。質より量のベルトコンベアー式生産体制と収穫量の多い葡萄を作らされた。これによってハンガリーワインは評判を落としたが、各工場の努力によりやっとそれを払拭することに成功しつつあるという。六プットニョス(プットニョス=木製の桶の意味:貴腐ワインは普通の葡萄から絞られ発酵し始めた液に、貴腐葡萄をペースト状にしたものを加えて醸造する。アスーの等級は原液一桶一三六rに貴腐葡萄ペースト一桶三〇rを何杯混合したかで決まり、一から六までの段階がある)の最高等級アスーを試飲したときにはワインの奥深さをしみじみと感じたものである。ルイ一四世が「ワインの王、王のワイン」とたたえたアスーは一日の締めくくりにふさわしいワインというべきであろう。
 次に訪れたのは「アルバイ&カンパニー社」だ。この会社の特徴はエッセンシアを出荷している。貴腐葡萄を山のように入れた容器がある。この最下層部には蛇口が着いていて、自重だけで圧搾されて、蜂蜜に似た液体がどろっとしたたり落ちている。これがトカイエッセンシャルと呼ばれている貴腐葡萄の絞り汁で、最高の物は糖度が1リットルあたり500gを超えるという。アルコール分は二%といい、絞ったときの糖度により、高いものと低いものはアスーワインに加えられ、中間の物がエッセンシャルとして出荷されている。エッセンシャルの年間生産量は375p入り800本のみ。この絞りかすにワインを加え再度絞った物をフォルディターシュという。
この会社で造られたワインには2003年6月、ワインチャレンジで一位を取ったシュエレット(甘い生活)というクベー(5)(アスーではない)がある。アスーの5プット98年物と6プットのアスーそしてゴッドセル・ハースレベリュー(菩提樹の葉=葡萄の葉の形が菩提樹の葉に似ていることから付けられた)ワイン、イエローマスカット(糖分196)のアスー(これは一本の木から七房を残しその他の実は摘み落とし、収穫した葡萄から造られている)を試飲した。(以下次号)

【注釈】
(1)アイスワイン=超過完熟の葡萄の実を畑の中で氷結するのを待って摘果し、氷ったまま搾汁して造る、酸味と甘味が濃縮されたもの
(2)パーリンカ=葡萄、杏、洋梨、プラムなどの果実を使った蒸留酒
(3)ベヘロフカ=チェコ産、ウオッカをべースにし二〇種類の薬草・香辛料・天然水を原料としたハーブリキュール
(4)貴腐ワイン=黴(貴腐菌)で干し葡萄のように貴腐化した葡萄を搾って、発酵させて造った糖度の高い極甘口のワイン
(5)クベー=厳選した葡萄を使った特別なワイン

月刊酒文化 2004年 9月

<<前頁へ      次頁へ>>