時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

日本と海外の酒めぐり
テヘラン酒事情
テヘラン酒事情  
酒の楽しみを開眼
イラン人家庭のパーティ。家の中ではヘジャブを被らず欧風の生活スタイルだった。 一ヶ月後の一夜、相棒と二人で新酒の口開け会をした。ビンの口を開けるのはワイン・オープナーではなく栓抜き。ワイングラスの代わりにガラスのコップ。「イランにふさわしいね」と、澱を撹拌しないようにそっと注いだ。乾杯。
赤ワイン特有のタンニンの香りが立つ。口に含むとフルーティーだが、どっしりとしたバランスのとれた味わいだった。あの薬のような苦みは消えていた。
「お、いいね」「これはなかなかだぜ」。二人して子供のようにはしゃいだ。繊細ではないし、洗練もされていない。野暮ったさのある、しかし有無を言わせぬ蛮刀の趣があった。グラスを透かして見ると、明かりも遮る赤い混濁した液体だった。
最初の年に造った75本のワインは半年と持たなかった。全部自分が飲んだ訳ではない。イランの友人たちに振る舞い、食事に呼ばれたときの手土産にした。好評だった。
思えば新聞記者の駆け出し時代から、酒は量さえあればいいという飲み方だったが、じっくり味わう飲み方に変わったのはイランでだった。ワイン造りを通して、いろいろなことを学び、考えさせられた。

いまもしゃれたワイングラスに注がれた、澄明な赤ワインを目にすると、ふとあのイランの日々が蘇る。戦場ツアー、仕事よりも没頭したワイン造り、そして深い光を宿したあの液体――。
イラン:1999年7月『お酒の四季報』

【プロフィール】
西川恵(にしかわめぐみ)
1947年長崎県生まれ。東京外語大学卒業。71年毎日新聞社入社。東京本社地方部、社会部、テヘラン支局、パリ支局、ローマ支局を経て現外信部長。著書『エリゼ宮の食卓』(新潮社)で98年度サントリー学芸賞受賞。

<<前頁へ      次頁へ>>