時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 <<酒めぐりTOPへ

過去記事一覧

焼酎を訪ねて
  九州山間地を行く


居酒屋にススメ

粕取焼酎を現代に生かす

北海道の大地で育った酒

美ら島酒紀行 メーカー編

美ら島酒紀行 飲食店編

観光資源としての
  酒文化 下


観光資源としての
  酒文化 上


南国土佐に「酒の国あり」

大信州(長野)
  「長野の酒」からはずれを
  なくす


初孫(山形)
  機械と手作りを
  融合させた新工場


阿蘇の名水生まれの酒

若鶴(富山)
  濃醇な無濾過生原酒で
  おいしさを追求


奥越前(福井)
  名水と酒米の里の酒


自分のワインを造りたい
  −各地で生まれる
  ドメーヌ型ワイナリー


美の川(新潟)
  新潟酒の個性派


山田錦のテロワール1

山田錦のテロワール2

機山ワイン(山梨)
  風土を生かした
  ワイン造りへの挑戦
日本と海外の酒めぐり
南国土佐ほろ酔い紀行
観光資源としての酒文化 下
たった一日でビール経験値が数百倍に
キリン「ビールづくり体験教室」

 一日コースの酒づくり体験では、もっとも充実し、完成度が高いのがキリンビール横浜工場で開催されているビールづくり体験教室 です。もともとは製造部門の社員向けに開発されたカリキュラムで、自動化された製造ラインでは体験することのできない工程途中で の味見など、五感を使った物づくりを習得させるためのものだったと言います。
 一般向けに展開し始めたのは1997年。神戸工場でスタートし、五年間に700回以上実施されました。関東圏のお客様に体験し ていただくために2003年に横浜工場に会場を移し、毎月第三水曜日とそれに続く土日を除く毎週水・土・日の三日間開催されてい ます。夏場の開催は応募が多く、週末の開催日には競争率が10倍になることもあるそうです。応募は空いている冬場が狙い目とか。 参加は4〜6名のグループ単位。作業量が多く、人手としてこれくらい必要になるからです。みんなで汗をかいた分、およそ一カ月 後に仕込んだビールが20本(500ml瓶)、できたての状態で届きます。
 六月中旬の水曜日に開催された、この教室をレポートします。
9:30 キリン横浜ビアビレッジ(横浜工場)集合。受付を済ませるとさっそくガイダンス。そしてレクチャー。初心者にもわかりやすいようにと、用 語にも気を配っている。たとえば麦芽と言わずに「麦の芽」、麦汁は「麦の汁」。さすがに延べ1000回近くおこなわれ、十分に練られたレクチャーだ と感心。最後に、グループごとに今日手作り体験するビールを、四種類のなかからひとつ選んで終了。
10:20 会場を移して作業体験。エプロンを着けて、手を洗って、グループごとにテーブルに分かれる。インストラクターはキリンビールの製造部門 で働いていたOBたち。この教室の指導と、参加者が仕込んだビールの発酵管理を担当。尚、インストラクターはグループごとに一名がつききりになる。 すごい贅沢だ。
 体験作業するのは、麦芽から麦汁をとって酵母を添加する手前まで。ビールの製造は、この後、酵母添加・発酵管理・貯蔵熟成・瓶詰めと進む。麦汁を とる部分は、もっとも物理的な作業が多いところ。他は発酵や熟成に適切な条件を与えてやる作業が主で、人手は余りかからない。逆に言うと、一日でビールづくりをおもしろく体験するにはこの工程しかない。
 麦汁をとる作業はチャートに従って進められる。49.5度で20分間維持して、その後、65度まで15分であげるという具合だ。参加者は温度計を 睨みながら火加減を調節し、ひたすら麦芽を入れた湯を攪拌。この作業の温度管理がおいしいビールができるポイント。
 作業の切りのよいところで他のグループも交えて麦汁を味見しあったり、種類の異なるホップの香りを確かめるなどのイベントが入る。そして、麦汁を 漉して、最初のホップを投入したところで昼食。時間はすでに13:30をまわっている。
15:00 工場見学をして作業再開。麦汁を煮沸し、タイミングを見て二回目、三回目のホップを投入。ホップの入った麦汁は、甘くもやっとした印象 の味わいから、キリッとシャープな輪郭に変わる。あちこちで驚きの声。
 麦汁の上澄みをきれいに取り分けて、酵母を投入できる温度まで冷やしたところで実習は終了。その後はインストラクターが酵母を添加。発酵瓶に入れ て、冷蔵庫で低温発酵。ひと月後においしいビールが瓶詰めされて指定場所に送られてくるまで面倒を見てくれる。
 作業を終えて、ホッとしたところでお楽しみの試飲タイム。ビールをゆっくりいただき、ビールづくり体験教室の金岩功三支配人から修了証書が授与さ れた。
 この企画はとにかく作業量が多く、実際に自分達が造ったものを後日飲めるのが特徴です。麦汁を延々とかき混ぜたり、大きな寸胴 に麦汁をとり分けたり、使った道具類を洗ったり、温度を測って火加減を調整したりと、四?六人で手分けしなければできません。酒 づくりというと、繊細な職人の技を思い浮かべがちですが、仕事の大半はこうした単純作業。それを確実に丁寧にやるのが大切です。
 この日の参加者は五グループで、平日ということもあって、ほとんどが女性のグループ。テニスやカルチャースクールのサークル仲間、 職場の仲間という方々でした。若い男女のグループは二度めの参加。前回とは違うタイプのビールづくりにチャレンジしたそうです。 ビール好きな方は一度参加する価値のある、楽しい企画です。
http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/yoko/seminar/

<<前頁へ      次頁へ>>