時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

<<酒めぐりTOPへ

過去記事一覧

焼酎を訪ねて
  九州山間地を行く


居酒屋にススメ

粕取焼酎を現代に生かす

北海道の大地で育った酒

美ら島酒紀行 メーカー編

美ら島酒紀行 飲食店編

観光資源としての
  酒文化 下


観光資源としての
  酒文化 上


南国土佐に「酒の国あり」

大信州(長野)
  「長野の酒」からはずれを
  なくす


初孫(山形)
  機械と手作りを
  融合させた新工場


阿蘇の名水生まれの酒

若鶴(富山)
  濃醇な無濾過生原酒で
  おいしさを追求


奥越前(福井)
  名水と酒米の里の酒


自分のワインを造りたい
  −各地で生まれる
  ドメーヌ型ワイナリー


美の川(新潟)
  新潟酒の個性派


山田錦のテロワール1

山田錦のテロワール2

機山ワイン(山梨)
  風土を生かした
  ワイン造りへの挑戦
日本と海外の酒めぐり
多満自慢 東京
酒縁づくりで広がるお客様の輪
二一世紀に向けての試み
石川酒造では、地ビール事業に参入することを表明した。このことも含めて、都市近郊の酒蔵の将来像をどのように描いているのだろうか。
「地ビールパブの事業は結局はリピーターをどれだけ作れるかがポイントになると思っています。当社では、『ハイカラ屋』というレストランも経営していますが、ここの店がうまくいくかどうかもこの一点にかかっています。地域の方々にご愛用いただける魅力をどう打ち出すか。単なるハコモノでは人は集まりませんが、酒という要素が絡むと、動きが出てきます。
将来的には西多摩地区のコミュニティーセンターの一環を担えればと思っています。もちろん観光客や外部の方も大切ですが、これは地域の方の口コミを通じて十分に広がっていけると確信しています。よい形で多摩地区の特産品として覚えられるようになれればいいなと思っています」
「こういうことを始めてから、あっちこっちから呼ばれるようになりました。隣りの昭島市の公民館では、酒造りについての講演会を四回もやりました。また、あきるの市では、酒造り唄の会に呼ばれたりもします。現役の頃にはできなかったお付き合いができて、いろいろな方との交流が広がっています。ふるさとの民話を話したり、酒造りの話をしたり、こういう話をするためにはこちらもいろいろ準備をするので、自分自身の若返りにも役立っています。自分では、よくわかりませんが、こういう形で蔵や地域社会の役に立っていければよいなと思っています」と小山顧問。
福生市の町内会や松代町の話を聞いてか、一昨年からは隣りの多摩市からも酒造りを委託されている。地元の農家が作った酒米を特産品として広めていこうと、役所、JA、酒販店などが、「原峰の泉」と名づけて販売している。都市化が進み住民にとって帰属意識の薄くなった街で、コミュニティ再構築にも役立っているようである。
地ビール事業も進める若い専務と、酒造りの語り部として地域で活躍される小山顧問。混沌とした都市住民のニーズに対して、様々な角度から酒蔵をアピールしている姿が将来の都市の酒蔵の有り様を示しているのだと感じられた。

石川酒造株式会社
東京都福生市熊川1
電話 0425(53)0100
FAX 0425(53)2008
お酒の四季報(1998年春号)

<<前頁へ      次頁へ>>