時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集酒飲みのミカタ特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 <<酒めぐりTOPへ

過去記事一覧

焼酎を訪ねて
  九州山間地を行く


居酒屋にススメ

粕取焼酎を現代に生かす

北海道の大地で育った酒

美ら島酒紀行 メーカー編

美ら島酒紀行 飲食店編

観光資源としての
  酒文化 下


観光資源としての
  酒文化 上


南国土佐に「酒の国あり」

大信州(長野)
  「長野の酒」からはずれを
  なくす


初孫(山形)
  機械と手作りを
  融合させた新工場


阿蘇の名水生まれの酒

若鶴(富山)
  濃醇な無濾過生原酒で
  おいしさを追求


奥越前(福井)
  名水と酒米の里の酒


自分のワインを造りたい
  −各地で生まれる
  ドメーヌ型ワイナリー


美の川(新潟)
  新潟酒の個性派


山田錦のテロワール1

山田錦のテロワール2

機山ワイン(山梨)
  風土を生かした
  ワイン造りへの挑戦
日本と海外の酒めぐり
ほろ酔い紀行
神酒を醸すどぶろく祭(茅野)
酒蔵と同じ原料で仕込み
現在、どぶろく醸造を指導しているのは、市内に所在するダイヤ菊酒造株式会社(会員)。この蔵の酒は、映画監督の小津安二郎が好んだことでも知られている。創業は大正三年、屋号を大津屋と称した。現在は20名の従業員を抱えており、7名の蔵人はみな富士見地域に居住する諏訪杜氏である。どぶろくづくりの指導に当たる植松金二杜氏は六七才。醸造量は昭和40年頃には一万石を超えていたものの、現在は高品質の酒を主として200石余りという。
同社は、本町区内の酒造会社が廃業したことで、昭和63年よりどぶろくづくりを支援するようになった。以降は、原料米の調達、精米(精米歩合70%)、麹造り、酒母つくり(今年はアルプス酵母を使用)を全面的にサポートし、もろみの温度管理は毎日杜氏が仕込み蔵に出かけて氏子に指示を与えている。
返礼として御座石神社からは、どぶろく五升が会社と杜氏に贈られる。

酒税は18万円也
明治19年(1886)に酒税法が施行された。だが御座石神社は神酒の自家醸造を認可され、さらに大正14年(1925)の免許制度施行の折にも「濁酒製造免許書」を与えられている。したがって、昭和22年(1947)に雑酒税の納入が義務づけられるまでは、ずっと免税で醸造がなされてきたことになる。
醸造にかかる酒税は1000リットルにつき基本料金が8万円、アルコール度数が一度上がるごとに約8000円が加算される。前に述べたように、どぶろく開きは毎年4月25日で、この日、上諏訪税務署の係官が氏子総代と当番立ち会いのもとで検査を行なう。本年の場合、アルコール度数は17・8度で、できぐあいが良いとされた。酒税額は1300リットル醸造して均18万円であった。祭り当日は、署長が来賓として出席し、また例祭にも参加する。

<<前頁へ      次頁へ>>