時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
鉄板料理とハイボールのおいしい酒場 ウィッフィ    
有機野菜の鉄板焼きなど、ウィッフィにはハイボールによく合う料理がたくさんある豪快で繊細なハイボール
 つきだしは丸ごと1本のキュウリ。豪快だ。だが、添えられたソースをつけて齧ると、印象は大きく変わる。さっぱりしたキュウリと、コクのあるアンチョビマヨネーズの組み合わせが、なかなか繊細なのである。
 この店のハイボールもまた、豪快にして繊細。ジョッキで供されるその姿に最初はびっくりし、口に含めば、その丸みがありかつ爽やかなのどごしにもう一度驚かされる。
「一番人気の『とろ角ハイボール』は、サントリーの角瓶を専用の瞬間冷却機でマイナス15度まで冷やし、2度のソーダを加えたもの。最後に、レモンピールを添えます」
 こう語るフロアマネージャーの小野塚俊介さんによれば、ウィッフィでは、生ビールよりとろ角ハイボールを注文する客が多いのだという。

う瞬間冷却機コールドショット料理と一緒が楽しい
 メニューの特徴は、ウイスキー主体の店には珍しく、料理が充実していることである。
「食後に楽しむお酒ではなくて、食中酒として料理と一緒に味わっていただきたいので、ハイボールに合うおいしい料理を揃えています」
 例えば看板の鉄板焼きでは、「本海老の鉄板焼き」などの定番のほか、毎日変わるおすすめが黒板に書き出される。この12月からは長野県の農家と提携し、「有機野菜の鉄板焼き」もメニューに加えた。

中高年には懐かしく、若い人には新鮮に感じられるレトロな雰囲気瓶ごと冷やして家庭でも
 ドリンクメニューのもう一つの看板、角瓶・ソーダに7upとレモンのざく切りを加えた「ウィッフィ・ハイボール」は、ほどよい甘みで女性や若い男性にも人気だという。このほか、サントリーの山崎、白州やスコッチなどモルトウイスキーも充実し、こちらのハイボールも楽しめる。
 小野塚さんいわく、家庭でおいしいハイボールをつくるコツは、氷が溶けて薄まらないよう、ウイスキーを冷凍庫で瓶ごと冷やすこと。残念ながら、アンチョビマヨネーズの詳しいレシピは企業秘密だそう。こちらはぜひ、お店で味わってほしい。

ウィッフィ
東京都千代田区丸の内3-1-1
国際ビルB1
Tel 03-3215-2577