時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
スマート&フレッシュな新しいウイスキーソーダ    
階段を下りると煉瓦に店名が浮かんでいた●オシャレなのにストレスフリー
 ウイスキーハイボールの名店には軽く昭和が漂い男性的、食べ物は乾き物や缶詰、あってもオムレツにサラダまでという印象がある。ハイセンスな青山にあると言ってもハイボールの店だから・・・・・・と思っていたのだが、予想はまったく裏切られた。カジュアルなのにスマートで「昭和」はなし。ドレスコードはビジネスカジュアル、パンプスではなくスニーカー、ジャケットは羽織っているけれどネクタイはしない(ただしシャツはいいもの)という感じなのだ。
 山小屋風のぬくもりを感じるしつらいは、店に入ったとたんに気持ちをオフに切り替えてくれそう。カウンターやテーブルはどれも手触りの優しい木製、椅子には荷物入れが付いていて手荷物の置き場所に困らない。細かいところまで気を配ったストレスフリーの調度品はうれしい。

高圧炭酸水を注入できる特製ハイボールサーバー●高圧炭酸水ならではのきめ細かさ
 特製ハイボールは店名を冠した「Splitz(スプリッツ)」。きめ細かい泡を得るためにサーバーを独自に開発したそうで、チリチリと優しい口当たりはシャンパンのようだといったら言い過ぎか。アルコール度数は約5度とビール並み。普通のハイボールの半分しかないにもかかわらず水っぽくないのは、このサーバーの高圧炭酸水があればこそであろう。ドライと甘口のマイルドの2タイプともに380円とリーズナブルだ。
 カウンターを見ればオレンジたっぷりの広口瓶が目に飛び込んでくる。ずらりと並ぶのは、オレンジ、ジンジャー、ブルーベリー、紅茶、ローズヒップをウイスキーで漬け込んだものだそう。すべて自家製で、カクテルで提供していると聞けば、試さないわけにはいかない。一番人気のオレンジトニックは、オレンジがフワッと香るがジュースで割ってない分スッキリした味わい。なによりもウイスキーとオレンジの相性がいいことに驚く。
 ちなみにスプリッツも自家製果実酒もベースのウイスキーはサントリー角瓶。シングルモルトの山崎や白州、ブレンデッドのオールドやリザーブなども試した結果、ハイボールにすると角瓶がもっともまとまりがよかったそうだ。

●毎日でも食べたいソーダブレッド
 最後に料理である。フレッシュなスプリッツは、たいていの料理を邪魔しないと思うけれど、さて何にしたものか。充実した料理メニューとにらめっこしていると、「ソーダブレッドと洋風モツ煮込みはいかがですか」とお奨めの声。この店イチオシのオリジナルだそう。聞き慣れないソーダブレッドは、イースト菌を使わずにソーダ(重曹)で膨らませたパン。素朴な味わいはハイボールや料理の口休めにぴったり。モツの煮込みは、野菜の旨みたっぷりでモツの臭みはまったくない。どちらも毎日でも飽きない、定番の逸品であった。
店内
フード&ドリンク
Splitz’ Aoyama
東京都港区南青山5-8-5地下1階
Tel 03-6419-1899