時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
流れるように綺麗につくる角ハイボール    
ベースの角瓶はスタンダードと軽い味わいの白角から選べる。 よく冷やして手早く提供
 促されるままカウンター席に腰掛け、ハイボールを注文。マスターが微笑んで黄色い角瓶のラベルを見せる。
 頷くと、タンブラーをそっと置き、氷を数個入れて、ジガーでウイスキーを30ml計り入れた。冷蔵庫から冷えたソーダを取り出して、シュワシュワシュワ〜といっぱいに満たす。すぐにマドラーで7〜8回クルクルと回し、「どうぞ」と目の前にサーブする。44年間繰返してきた動きは、さすがに無駄がない。

気軽でさっぱりハイボール
 ここ洋酒コーナー・トロイカは昭和30年半ばに開店、ずっとサラリーマンの町・神田で営業してきた。人気のハイボールは一杯430円とお買い得だ。
 古い店だからお客様も年配かと思いきや、意外にも一番多いのは30〜40歳だそう。マスターの山本武さんは、「飲み始めた頃にバーボンが人気だったせいで、彼らは洋酒が好きですね。最近は『角瓶でつくってください』という人が増えました」と言う。理由を問うと「さっぱりしていて飲みやすいからではないですか。食べながらでも、すんなり飲めますから」と。
 どうやらウイスキーは、ハイボールになって薄暗いバーから、明るい食卓へ飛び出したようだ。
18席の店内は居心地のいい手ごろな広さ。
洋酒コーナー・トロイカ
東京都千代田区内神田3-11-1 三恵ビル2階
Tel 03-3251-0358