時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
ホルモン市場ぶち流川店(広島)    
昭和レトロなホルモン市場「ぶち」。真っ赤な炭火がお客様を迎える  店先でおこしている炭火につられてホルモンを焼いてみようかと思ったのだったが、まだ午後五時を過ぎたばかりで外は明るい。開店直後の店の前で、どうしたものかと躊躇していると、「どうぞ、いらっしゃい」と。こんな時は声をかけてもらうと決断が楽、腹が決まってスルスルっと店内へ。
 由美かおるさんの蚊取り線香のホーロー看板があったりする昭和レトロな店の内には、各テーブルにド〜ンと一台ずつ七輪が。「お飲み物はビールで?」と聞かれて、反射的に「いや、ハイボール」とオーダー。
キンキンに冷えたハイボールがモツ焼きを引き立てる。グラスもウイスキーも全部冷凍庫に入れているそう ハイボールを待つわずかな間に七輪に炭がセットされて、真上に排煙用のダクトが伸びた。これなら体中が焼き肉臭くなることはなさそうだとひと安心。
 「おまたせしました!」と出てきたハイボールは驚くほど冷たい。これまでに飲んだなかで一番冷たかっただろう。なにしろ凍ったグラスから白く冷気が漂っているのである。しかもよくあるハイボールジョッキより、サイズがひと回り大きく得した気分。
 「よく冷えてるねえ」と言うと、「グラスもウイスキーも冷凍庫で冷やしているんすよ。この間テレビでこうした方がうまいって言っていたのを見たんで」と店長。
さっと炙ったレバを塩ゴマ油で。とろけるような軽い脂のギアラ(牛の第4胃)も絶品 生でも食べられるというレバを軽くあぶって、まずはそのままで。生もいいけれど、軽く火を入れた方がうまいと思うのは私だけか。続けて初体験のギアラをこれまた焼き過ぎないように注意してパクリ。どちらもかなりのレベルだ(と思う)。新鮮で丁寧に下処理されているから臭みがない。ギアラは脂がのっているのに、脂そのものが軽くて、適度な旨みがジュワーっと口中に広がる。
 そこに冷たいハイボール。旨くないはずがない。聞けば広島市内だけでなく、東京にも3店(新宿、渋谷、阿佐ヶ谷)あるそう。今度は東京の店を試してみようか。

ホルモン市場ぶち流川店
広島市中区堀川町1-19オカモトビル1F
Tel 082-542-3030