時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
日本橋焼餃子 茅場町店(東京)    
ランチもやっている日本橋焼餃子  なるほどリーズナブルな餃子専門店だ。店名にもなっている日本橋焼餃子は一皿(5つ)390円、ザ・角ハイボールは340円。他のつまみもほとんど500円以下で、〆に嬉しい坦々麺は680円。飲んで食べて2000円か。
 店は東京のウォール街 兜町のそば。7〜8席のカウンターとテーブルが3〜4卓は勤め帰りのサラリーマンであっという間に埋まる。とりあえずビールから行くのかと見ていると、いきなり「ハイボール」という声が半分くらいあった。生ビールは680円とハイボールの2倍。安くておいしいハイボールにしたい気持ちはよくわかる。
シュワシュワと泡がはじけるザ・角ハイボール。 さて特性の餃子は一口サイズでいいお味。特にお肉たっぷりでジューシーな餡が気に入った。ほどよい軽さで一皿がすぐになくなる。食べ終わってもくどさが残らず、どうしよう、もうひと皿、違う餃子(紫蘇餃子など餃子は4種類)を試してみようかという気になってくる。お通し代わりにとったキャベツの酸辣風冷製前菜は、ピリ辛の中華風ピクルスという感じ。これが餃子が進む一因だ。寿司の合間に生姜をつまむ感じになるのだ。
 ハイボールタワーから注がれるザ・角ハイボールは炭酸強めでレモンの風味、これまたサッパリしていてすいすい進む。最近見かけるようになったハイボールタワーは、店によって味にバラツキがないのがいい。ところで、タワーのハイボールの泡は普通にソーダで割ったのよりもさらに細かいような気がするが、そうなるような仕掛けでもあるのだろうか。舌の上でふわふわはじける感じで、ほんとうに軽い。探して飲むだけの価値はある。
ジューシーな餃子は程よい軽さで飽きない。
濃厚なスープの坦々麺で仕上げた。
日本橋焼餃子 茅場町店(東京)
〒103-0025 中央区日本橋茅場町1-6-2
Tel 03-3663-0990