時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
しんのすけ(博多)    
大橋駅から徒歩3分。手羽先と書かれた提灯が目印ぐつぐつのモツ鍋によく冷えた角ハイボールがうまい! 焼肉とかモツ鍋とか、コッテリ系スパイシーな料理にハイボールはピッタリだと思わせる店だ。ワインや清酒では料理との相性の良し悪しを、引立て合う組み合わせに求めるけれど、ハイボールの場合は口の中をスッキリさせるウォッシュ効果だろう。焼肉、なかでもガッツリといくホルモンは、気取ってワインは似合わない。どうしてもならばコップでワインだと思う。
 「とりあえずハイボール」と席に着くなりオーダー。人数分出揃うのも待ち遠しく、揃ったとたんに「おつかれさま〜」。テキパキと、焼きにんにく、手羽先、モツ鍋と、店の看板メニューを注文。お通しをつつきながら飲み始めると、最初に出てきたのは焼きにんにく。ばかばかしくて笑ってしまうのだけれど、にんにくの上で線香花火がパチパチ。
お通しで「とりあえずハイボール」 つづいて手羽先。味付けは黒、赤、白の3種類。黒は特性のタレに漬け込んだ甘辛仕立て、赤はレッドペッパーの強烈スパイシー、白はコショウで仕上げたピリ辛。これは素手でガッと行くしかないでしょうと、箸を置いてむしゃむしゃ。ジューシーでピリ辛でうまい。そこにハイボールをグイッとひと口。さらさらっと脂が流れる。
 ぐつぐつとモツ鍋が煮えるころには早くも3杯目に突入。飲みやすくて、ついペースが上がる。濃厚な辛口の鍋は食べ応え十分。ハイボールとの相性のよさが本当によくわかる。
 ペースが上がってしまうのは相性がいいからだけではない。ハイボールは氷たっぷりでよく冷えていて、最後まで冷たいまま。ソーダがしっかり効いて、水割りのようにだらっとしない。店によっては「全然ダメ」ということもあるから、こういうハイボールはうれしい。仕事の区切りに仲間とガッといきたい時におすすめしたい店である。
あまりにナンセンス。焼きにんにくに花火
しんのすけ(博多)
〒810-0002 福岡市南区大橋4-12-27 サンサーラ大橋1F
Tel 092-552-0003
HP(外部リンク)