時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
もくち(原宿)    
原宿駅前でリーズナブルな酒場があるとは思わなかった 週末はいつも込んでいる原宿駅周辺。ファーストフードやコーヒーショップで待ち合わせたのに満席で入れないということもよくある。天気がよければ外で待ってもよいけれど、そんな日ばかりではない。
 この店を見つけたのは昨年の12月30日。大勢の人でごった返す年末の原宿駅、座る場所も、入れる場所もなく困惑していた午後三時。目に入ったのが通りの向かいの「ハイボール」の看板であった。この時間に酒場が満席ということはないだろうと閃いて、覗いてみると案の定空席がある。この際、昼間から飲んじゃえと飛び込んだのであった。
 1杯390円とリーズナブルなザ・ハイボールは、専用サーバーから注がれるスッキリタイプ。このサーバー、ハイボールタワーというそうだが、キメの細かい強めの炭酸にほんのりレモンが漂う優れもの。ときどき温くてイマイチのハイボールを出す店もあるが、ハイボールタワーの入っている店は、おいしさが約束されている。
 名物の「黒酢とりから」と「肉屋のコロッケ」を熱々のうちにいただけば、ハイボールがスルスルと入っていく。ちょっと厳しいだろうと想像した「鯖のへしこ(ぬか漬け)」も喧嘩はしない。いつもならこんな肴は日本酒と合わせるところだが、ハイボールは合うというより邪魔せず、魚臭さを立たせてしまうということがない。
 いい気分でつまんでいると携帯電話が鳴った。飲んで待っていることを伝えて、店で落ち合うことにする。勘定を済ませたところに待ち人が来る。こんな使い方もいいハイボール酒場だ。
もくち
もくち(原宿)
〒105-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目14-24
Tel 03-3401-7697