時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
酔灯屋 祇園店(博多)    
入口を地下に下りて広々とした店に  初めて食べるアラは淡白で上品なうまみが広がるうえに、ほどよい脂があって、身によってはプルプルがついている。うまい具合に脂ののったフグを分厚く切り身にして、それを鍋に仕立てた感じ。食通が珍重するのもわかる。
「この値段は信じられないですよね。アラはフグより高くて、コースにしたら一人2万円なんてざら、この店は一桁少ない」と、20代のT君の言うとおり破格に安いので、まがい物じゃあないのか、なんて食べる前は思うところもあったのだけれど、十分にうまい。もっともみなアラは初めてだったから、アラ鍋としてどの程度うまかったのかはわからないのだけれど。
 予約しておいたアラ鍋が準備できる間に、寒さばの刺身やらゴマ味噌で和えたのやらをつまみに、ハイボールで乾杯。スタートは元気よくトリハイである。安くて、すっきりうまいのがトリハイのいいところで、清酒やワインのように料理と密に交わるようなうまさはないのだけでも、たんたんと、一定の距離を保ってでしゃばらないから、いろいろな料理とほどほどの付き合いができるところがいい。
3杯目でアンクルトリスに会えた 一杯目のハイボールはトリハイを頼んだのに、角瓶の亀甲模様のジョッキで出てきた。ベースの酒でジョッキを変えるところまで細かなことは、なかなかできないのは仕方がないだろう。角ハイもトリハイもかなりの杯数のオーダーがあるはずで、ジョッキの数にも限りがあるから忙しい店であればあるほど難しい。回転寿司のようにジョッキをテーブルに置いたまま、勘定をするというわけにもいかないのだし。
 3杯目だったと思うが今度はトリスのジョッキで出てきた。赤いジャケットのアンクルトリスの顔を見て、ほっこりした頃にはアラ鍋もいい感じになって、ふうふう言いながらその上品な味わいを楽しんだのであった。今回はグルメ文士風にレポートして終わる。 
コラーゲンたっぷりで淡白なアラ鍋にハイボールで乾杯
食材へのこだわりが栽培農家へ足を運ばせた
さすが魚介が売りの酔灯屋。寒さばの刺身は絶品
酔灯屋 祇園店
〒812−0038 福岡市博多区祇園町6−43ギオン柴田ビル地下1階
Tel 092‐272-2901