時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
なだの木西中洲本店(博多)    
気楽にランチも楽しめる「なだの木西中洲本店」  鶏の水炊きを食べる時は、最初に水炊きのスープを一杯、小さな椀でいただくものだから、スタートの乾杯がワンテンポ遅れるというか、タイミングがずれる感じがする。この日も、鍋はすぐ食べられないからと、まずは水炊きを注文して、それからトリハイをオーダーした。トリハイがすっと出てきて、おおお〜って感じで乾杯。すると続けざまに水炊きが登場、「どうぞスープを」ってなって、乾杯の余韻を断ち切るようにスープ。
 ハイボールもスープもおいしいから、これでもいいのだけれど、それでもスープまでにもうひと呼吸おきたかった。なんて食通ぶった思いつき話をしていたら、今回も取材に一緒に来てくれた20代のT君が、「ハイボールと早いつまみを最初に注文して、それから水炊きにしたらいいんじゃないですか」ともっともなことを言う。たしかに、いくら鍋がメインだからといっても、流れを考えて酒も料理も頼むべきであった。
トリハイで乾杯! 鶏スープもごくり 鶏の水炊きはうまい。ほんとうに誰に食べさせても喜ぶ。滋味豊かなスープに鶏肉を入れ、野菜を入れ、鶏にすり身を匙で丸めて落とす。野菜にも味がしみて、適当に脂があって、それがしつこくなくて、こういうのにハイボールは相性がいい。レモンを強めに搾ったりしたら、それこそ口を洗う感じで、水炊きがいつもフレッシュにおいしい。
後から注文した、鶏のたたき、フグのから揚げ、ポテトサラダが出てきてから、やっぱりこういうのを前菜にして乾杯、それからメインの水炊きが登場という段取りがよいはずと反省。次は順番を考えて注文すると心に決めた。
鶏と野菜がたっぷり。順番に鍋に
鶏は鮮度が命。たたきもうまい!

なだの木西中洲本店(博多)
〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲10-1
Tel 092-737-2020