時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)    
すすきの交差点角にあるセント・ジョンズ・ウッド。ビートルズ縁のアビイ・ロードスタジオに近いロンドンの地下鉄駅の名前  ブリティッシュ・パブは気軽に立ち寄れるのが魅力のひとつ。一杯だけ飲んでパッと帰る、サッカー観ながらワイワイ騒ぐ、待ち合わせてハイボールで喉を潤してから食事へ、など等、使い方はいろいろだ。それが交通至便、誰でも知っているランドマークにあったら、とにかく使い勝手がいい。ここセント・ジョンズ・ウッドはそんな店。北海道一の繁華街のすすきのの交差点の角にあって、初めての人でも間違えず行ける。地下鉄駅の傍だから時間を見ながらギリギリまで飲んでいられる。
 この日は仲間と3人で北の魚介たっぷりの鍋をつついた後、飲み足りなくて寄った。若い客ばかりかと思いきや、客層は意外と幅が広い。カウンターには40代50代くらいの男女が腰を落ち着けていて、ボックス席には20代とおぼしき若者のグループが陣取る。なかから店の前の歩道が見えるから、待ち合わせには丁度いい。
カウンターは落ち着いて飲める感じ ワンコイン(500円)から飲める店だからハイボールは角瓶かとリスかと思いきや、メニューにはマッカラン、グレンフィディック、山崎、白州、響、ジャックダニエルという顔ぶれ。モルトの専門店ならいざ知らず、こうしたカジュアルなパブでウイスキーが充実しているのはうれしい。テーブルにさりげなく置かれた特別メニューがホットカクテルなのが北国らしかった。
 ホットカクテルと言えば、お奨めしたいのはウイスキーのホットミルク割。ミルクの甘さがウイスキーをマイルドにして、腹の底から温めてくれる。意外に冷えるお花見にはポットにホットウイスキーを入れていくといい。
 今夜の仕上げはジャックダニエルのハイボール。寒さで酔いが逃げないように、ダブルでつくってもらう。ホテルまでは歩いて10分、頬に刺さるような冷気がことのほか心地よかった。
ホットカクテルのメニュー。サングリア(ワイン&フルーツのロングカクテル)のホットは予想外
St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド
〒064-0804 北海道札幌市中央区南四条西4丁目16恵愛ビル 1F
Tel 011-271-0085