時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
博多おおやま    
博多駅直決のほろ酔い通り おおやま亭  さすがに休日の昼前から開いている酒場は少ない。中州、天神界隈をぶらぶらしてみたが、思うような店を見つけられず、博多駅まで移動する。とくにあてはなく、駅周辺ならどこかあるだろうというアナログ時代の酒場探しである。
 すると案の定モツ鍋の店を発見。駅直結のデイトスという駅ビルの1階にある『ほろ酔いどおり』には、和食の店、立ち飲み、焼鳥屋、すし屋など週末の昼間でも酒っぽい雰囲気のある店が数店並ぶ。客の大半は大きな荷物を抱えた旅行客、昼飯に一杯飲んで、新幹線で寝て帰るつもりなのだろう。
 まずは角ハイボールをオーダーする。ざく切りレモンを軽く搾って、そのまま落としたスタイル。ウイスキーらしさがしっかり出る角ハイボールは、このスタイルがうまい。なんとなく習慣で「お疲れ〜」とジョッキを合わせる。
 つまみはスピードメニューの酢モツ、うまみたっぷりの鱈のチャンジャ。酢モツはさっぱりして、口当たりが柔らかなのに程よい弾力、ハイボールにはちょうどいい味付け。辛味と塩気の強いチャンジャは、ちょびっと舐めてゴクリと飲む感じ。悪くないのだけれど焼酎か日本酒のほうが合いそう。そしてメインはモツ鍋。しろ味噌仕立ての鍋をグツグツと煮込む。辛すぎず、いい塩梅で、モツ特有の臭みもない。マルチョウ(小腸)の脂がジュワーと口に広がる。角ハイボールがさらっとそれを流して食が進む。
 昼間からモツをしっかり食べて角ハイボールを3杯。ほんわかと心地よくほろ酔いどおりを後にした。
しろ味噌仕立てのマイルドなモツ鍋
博多おおやま(博多)
〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街1-1博多デイトス1F
Tel 092-475-8266