時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
こちら○特漁業部(仙台)
こちら○特漁業部(仙台)しろ味噌仕立てのマイルドなモツ鍋   ウイスキーを飲みながら刺身を食べるなんて、3年前には絶対にしなかったのだけれど、ハイボールを飲みなれると、一杯目からウイスキー、刺身が出てもウイスキーなんてことがある。水産品の専門会社の直営という「こちら○特漁業部」は新鮮な魚が安くてうまいと大評判。この日も入店待ちの人の列ができていた。
 カウンターに案内されてまずは角ハイボールで喉をうるおす。つまみは何にしようかと迷っていると「本日は鯛のお造りがお安くなっています!」との声。思わず、「じゃあ、それで」と反応してしまった。しかしハイボールで刺身は無かったなあ、刺身なら日本酒にしなきゃ刺身がかわいそうだろう。などと考えつつお通しの白身魚フライをつまみながらハイボールをゴクゴク。こういうのにピッタリなんだよな、ハイボール・・・・・。
締めは日本酒。もちろん地元の浦霞 そうこうするうちに出てきました鯛の姿造り。まだ口をパクパクさせています。小ぶりながら身の締まったなかなかの鯛で、刺身は旨みがジュワーと沁み出てきます。そこにハイボールをひと口。「アッ、悪くない。ぶつからない。邪魔しないから刺身でも結構いける」とつぶやく。
 それでもやっぱり、次は日本酒。魚だったら日本酒の右に出る酒はない。塩釜の浦霞の純米を一合。グラスに口をもって行って、ちゅるとひと口。こりゃあウマイ。ほんとうにウマイ。さすがにウマイ。
 ハイボールから日本酒へ、そしてたぶんこの後はバーでウイスキー。
プリプリの鯛の刺身に角ハイボールで。悪くない
こちら○特漁業部(仙台)
〒980-0021 仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル 7F
Tel 022-265-4333