時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
HIGH BALL BAR 新橋 1923
黄金比のハイボール おっ、このハイボールはちょっと違うと、グラスに顔を近づけたとたんに気づくだろう。爽やかなライムが香って、すぐにウイスキーが追いかけてくる。ほのかに甘い口当たりの 後、ウイスキーらしい味わいが広がり、すっきり綺麗にフィニッシュする。さすがにハイボール専門店と言うだけのことはある。
   この「新橋ハイボール」は店のオリジナルで、もちろん一番人気。ベースのウイスキーは、シングルモルトの名門マッカランの12年ファインオーク。2度以下までしっかり 冷やして、業界最高のガス圧という強炭酸で割る。割合は1対3.5、アルコール度数は8.6度、これがこの酒の黄金比率。一般のハイボールよりも少し強いのだが、マイナス15度でカチカチに冷やした氷のせいか、まったくそうは感じない。
  おいしさの秘密はグラスにもあった。バーボン樽を連想させる、ほんの少し胴がふくらんだグラスの上部に、ハイボールは3分の2まで注がれる。これでグラスに香り溜まりが できる。顔を近づけた時にふわっと香ったのはこのせいだったか。
  さらに山崎や白州など、他のウイスキーをベースにしたハイボールもそれぞれに工夫があった。個々の持ち味が生きる黄金比率で、ハーブやフルーツをトッピング。ここま でこだわられると、ウイスキー好きでなくとも、あれもこれもと飲み比べたくなってしまうに違いない。
外観
冷たさが秘訣
HIGH BALL BAR 新橋 1923
〒105-0004 東京都港区新橋2-11-1 村上建物ビル1階
Tel 03-3597-6500