時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
ご当地ハイボールの旅−京都編
■激辛商店街の辛口ハイボール―aa向日町店
aa向日町店。安くてうまい
  京都から阪急電車で大阪方面に向かう途中にあるのが向日市。交通の便が良すぎて買い物客の流出にしがちなこの町で、商店街が集客の切り札に仕掛けたのが「激辛」だ。もともと辛い料理のある中華料理屋、カレー屋、焼き肉屋ばかりでなく、お好み焼き屋もうどん屋も激辛メニューを揃える。さらにスイーツ屋や豆腐屋まで激辛という徹底ぶりだ。
これが噂の「からっキーハイボール」 そんな向日市商店街のご当地ハイボールは当然のことながら激辛ハイボール。その名も「からっキーハイボール」。ラッキーとひっかけてあるのは、きっと近くに競輪場があるからだろうか。
 阪急東向日駅を降りて商店街を進む。真っ先に目に飛び込んできた「からっキーハイボール」の店は中華料理「aa向日町」。チャーハン、エビチリ、ラーメン、杏仁豆腐など、メニューのほとんどに激辛バージョンがある。とりあえずエビチリを辛さ2倍で注文して、ハイボールを一杯。ベースはトリス、トマトジュースとソーダを加えて、仕上げにタバスコをたっぷりという代物。どれほど辛いのかと恐る恐る飲んでみると、タバスコが利いていてスパイシーではあるが思ったよりも飲みやすい。レシピからすればウイスキーベースのブラッディメアリーだから不味いわけはないのだが、飲んだ後に辛さがズンズンズンと追いかけてくる。
 思わずエビチリをひと口。ところがそれが大誤算、こっちの方がずっと辛かった。辛さ2倍にしてもらったのを忘れていた。再び「からっキーハイボール」に戻ってゴクリ。ふぅ〜っと、ひと息。辛さと辛さの相乗効果、ぜひお試しあれ。
辛さ2倍でも十分からかったエビチ
厨房のお兄さんは真っ赤なトリスのTシャツでがんばっていまし
aa向日町店
向日市寺戸町小佃19ライフシティ東向日内
075-932-9320
WEBサイト>>

■山崎の京都ハイボール―どんぐり三条木屋町店
暖簾の先には細長い路地これが噂の京都ハイボール。  激辛ハイボールを試した後に向かったのがお好み焼きの店「どんぐり」。この店はサントリー山崎ベースで、緑茶で風味をつけた京都ハイボールを提供していると聞いたのだ。飲食店が連なる木屋町の通りを上っていくと、三条通りを右折してすぐの左側。暖簾をくぐると奥へと続く細長い路地が伸び、趣のあるエントランス。店内は一転、カジュアルで清潔な居酒屋だ。ピカピカに磨かれた鉄板が、お好み焼きが売りであることを伝える。
 さっそく京都ハイボールをオーダー。つまみはひと口きゅうりの三味和えと澤井醤油の冷奴。京都らしくさっぱりというわけではなくて、前のaaさんのエビチリのボリュームがあって、お好み焼きを食べる余裕がなかったのである(次回は必ず!)。
 京都ハイボールは山崎の味わい緑茶の風味が邪魔してしまうのではと危惧していたが、お茶の青っぽい香りがとてもよく馴染んでいた。味わいもお茶のうま味が山崎のしっかりしたボディーとマッチして落ち着いている。うまいウイスキーはどのように飲んでもおいしいと納得させる一杯である。
 澤井醤油の冷奴に京都ハイボールがよく合うと思ったのは、うま味の強い醤油と緑茶のうま味成分が、しっくりとつながるからだろう。ひと口きゅうり三味和えで試してみると、京都ハイボールはマヨネーズや塩ごま油で和えたオイリーなきゅうりにも、ピリ辛ポン酢で和えたさっぱりきゅうりにも、ほどよくマッチした。ハイボールの料理との相性の幅の広さを体験できるおつまみだ。
ひと口きゅうりの三味あえは、マヨネーズ、塩ごま油、柚子ピリ辛ポン酢
どんぐり三条木屋町店
京都市中京区三条通木屋町東入中島町95
075-256-8899
WEBサイト>>