時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
ご当地ハイボールの旅−熊本編
■赤酒とウイスキーのコラボ 熊本ハイボール
  熊本特産の赤酒をご存じだろうか。味醂を思わせる甘口の濃厚な酒で、今は高級料亭などで料理用によく使われている。江戸期まで温暖な熊本では清酒づくりは非常にリスキーだった。雑菌が繁殖してきれいな酒にならなかったり、時には腐敗してしまうこともあったりした。安全に酒をつくるために、発酵途中の醪に木の灰を加えてアルカリ性にして酒をつくる技法が開発されるのだが、こうして生まれたのが赤酒である。
この赤酒とウイスキーをつかったハイボールが熊本ハイボールだ。熊本市内にはオーセンティックなバーが多数あり、そのなかの26店の有志が集まって熊本バーソサエティを組織している。熊本ハイボールのレシピ開発にはこのソサエティが全面的に協力したそうで、伝統の赤酒と充実したバー文化があればこそ生まれた作品である。ちなみにレシピは、赤酒1.5、ウイスキー1、ソーダ2.5。好みでライムを添えるというもの。

スターズバー 最初に訪ねたのはスターズバー。髭のマスターと女性バーテンダーがカウンターに立つ本格的なバーで、カウンター10席とテーブル席がある。熊本ハイボールをお願いすると、「うちのはレシピより赤酒を抑えてドライに仕上げます」と。ウイスキーはシェリー樽の甘い香りがこのカクテルに合うというサントリー山崎12年で、レモンは入れない。どんな味かとためしてみると山崎がマイルドになった感じで、ウイスキーを飲みなれない人でも無理なく楽しめそう。かといって元の山崎の味わいは崩れておらず見事であった。


熊本ハイボール
熊本ハイボール
スターズバー
熊本市新市街1-11サンホワイトビル2F
096-352-8085
WEBサイト>>

バーサンテ  2件目はバーサンテ。店はスターズバーのある銀杏南通りと並行して伸びる栄通りにあり、歩いて3分ほど。マスターの藤木敏之さんは熊本バーソサエティの代表を務めているそうだ。熊本ハイボールをオーダーするとこちらはベースにサントリー白州12年を使う。スモーキーでクリーンな味わいの白州と、甘みの強い赤酒が組み合わさるとどんな味になるのかワクワクしながら出来上がりを待つ。
エノキのベーコン巻き  よく冷えた白州のボトルにはみるみる霜がついてきて、飲みたい気分がどんどんが増してくる。白州のスモーキーな香りが立つハイボールは、赤酒の甘みで角がとれ、ボディが増して山崎ベースとは違った味わい。軽いレモンも白州のすっきりした味わいを立たせている。この組み合わせはなかなかだ。
熊本ハイボール
バーサンテ
熊本市下通1-11-28 東会館1F
096-354-1223
WEBサイト>>

バーレンテ  そして3件目に訪ねたのは熊本ハイボールのレシピを開発したという隅田耕一郎さんのバーレンテ。地下に降りていくと広がっていたのはカジュアルな雰囲気のバー。カクテルはもちろんのことシェリーにもこだわりが強いそうで、毎年スペインまで行って現地の情報を集めてくるとか。熊本ハイボールを注文すると、「ベースのウイスキーは何にしますか」と聞かれたので、指定しないときは何でつくるのかと聞き返すと、角瓶でつくるとの答え。そのまま角瓶でつくってもらうことにする。
 個性が強く重厚な山崎や白州ベースの熊本ハイボールとは違って、マイルドでバランスが良い角瓶ベースは、丸くマイルドで飲みやすい。レモンが絞ってあるので、甘みがあるのにすっきりとまとまっている。ベースのウイスキーを変えるだけで表情が様々に変わる熊本ハイボール。これからの広がりが期待できそうだ。
カジュアルな内装
バーレンテ
熊本市安政町5-7地階
096-223-6078
WEBサイト>>