時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
ご当地ハイボールの旅−熊本編
■中洲ハイボールはマッカランベース
ハイボールバー中洲1923  昨年、東京新橋にオープンしたハイボールバー1923が博多にも出たと聞いて行ってみた。魚がおいしい、もつ鍋がおいしい、ラーメンがおいしい博多でどんなハイボールに出会えるのか、期待が膨らむ。
冷凍庫で冷やしたウィスキー この日、中洲はあいにくの雨、しかもどしゃぶり。地図を片手に店にたどり着くが、大きな看板の前のドアは開く感じがない。少し進んで角を曲がるとテント屋根のある入り口を発見、ああ、こっちからかと合点して店に入る。
 新橋で見慣れたあの感じ。博多のほうが少し広いだろうか。パッと一杯飲んで出るつもりなので、まっすぐにカウンター席へ。時間は18時すぎ。
 「中洲ハイボールを頂戴」とオーダーすると、出てきたのはマッカランをベースにしたハイボール。よく冷えてガス圧が強くピチピチだ。ハイボール専用のサーバーの蛇口に、グラスを45度の角度で当ててハイボールを注ぎ入れる。ガスを逃がさずおいしくつくるコツがこれ。ライムの小さな皮が一片浮かぶ。マッカランはシェリー樽で熟成させた甘やかな香りが特徴だが、これはバーボン樽貯蔵のシャキッとした香り。だからライム皮の香りが映えてくる。
中州ハイボール フリーのナッツをポリポリしながら2杯めは、この時期限定の梨ハイボール。梨を漬け込んだウイスキーをベースにしたハイボール。数年前に申請すれば飲食店でも自家製の果実酒を出せるようになったからこそ味わえるである。あまり香りのない梨は、漬け込むと味わいにマイルドな甘みと瑞々しさが加わる。梨ハイボールはアルコール度数やや低め、さわやかでマイルドな味わいだった。
 2杯めを飲み終わる頃にはサラリーマンで店はいっぱい。週中で土砂降りなのにこの賑わいはなかなかのもの。1杯めからハイボールの人が多いのにも驚いたが、それ以上にオーヘントッシャンやラフロイグなどベースの酒を指定してのハイボールのオーダーが多いことにびっくり。きっと博多のハイボール好きはウイスキーが好きなのだろう。
山崎、白州、マッカランなどモルトが並ぶ

つばめ  もっとゆっくり飲みたかったが、残念なことにこの日の泊りは熊本。開通したばかりの九州新幹線なら小一時間で着いてしまう。後ろ髪をひかれる思いで熊本に向かう。
 博多駅で新幹線つばめ号に乗ってみるとその快適さにうっとりした。内装が素晴らしいのである。ウッディなインテリアは落ち着いていてシンプル。シートは程よい硬さで心地よく、座席に付いたテーブルも木製でカップを起きやすいように丸い凹みがある。窓際の桟もそう。酒飲みにはうれしい配慮。さっそくキオスクで買ったハイボール缶を置いてみる。なかなかいいぞと思いつつひと缶飲み終わると、もう熊本駅だった。
つばめ
つばめ

ハイボールバー中洲1923
福岡市博多区中洲4-4-10ホテルリソル博多1F
092-292-5622
WEBサイト>>